プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

ジャンプ+、新漫画賞を発表 大賞は紙のコミックス化と連載確約

「ジャンプ+連載オーディション」開催決定の画像

「ジャンプ+連載オーディション」開催決定

 漫画アプリ『少年ジャンプ+』が運営する漫画投稿・公開サービス『ジャンプルーキー!』で、13日より新たな漫画賞『ジャンプ+連載オーディション』の募集がスタートした。紙のコミックス化と『少年ジャンプ+』での連載を確約する大賞を必ず1本以上選出する。

【画像】激レア!公開された『こち亀』の4コマ漫画

 『少年ジャンプ+』では毎年数多くの新連載がスタートするが、それらは全て編集部員が、自分の担当作家の作品を編集部の連載会議に提出し、連載権を勝ち取った作品となるのが基本。

 そこで今回、初めて広く門戸を開放し、新人作家や『少年ジャンプ+』編集部に担当がいない作家も連載会議に直接応募できるよう公開募集し、自信作をいきなり連載で試したい新人漫画家、現在『ジャンプ+』に担当編集はいないが過程をスキップして連載会議に挑戦してみたいプロ漫画家の応募を受け付ける。

 募集作品は【1話分の完成原稿&2話分のネーム】ないし【3話分のネーム&作画見本】。通常の連載会議同様に編集部内の会議で連載の可能性を厳正に審議する。応募には、2つの窓口を用意し、投稿と同時に作品が公開となる「ジャンプルーキー!」と、非公開のまま応募できる投稿フォームで、応募を知られたくないプロにも応募をしてほしい狙いがある。

 大賞は賞金100万円で『少年ジャンプ+』で連載&コミックス化。募集期間は13日~10月12日まで、結果は今年12月~来年1月を予定している。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ