プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

撮影監督・前田米造さんが死去 85歳 『赫い髪の女』『キャバレー日記』など名作手掛ける

『濡れた欲情 ひらけ!チューリップ』撮影風景(写真右から)前田米造カメラマン、神代辰巳監督、三浦朗プロデューサー(C)日活の画像

『濡れた欲情 ひらけ!チューリップ』撮影風景(写真右から)前田米造カメラマン、神代辰巳監督、三浦朗プロデューサー(C)日活

 撮影監督の前田米造(まえだ・よねぞう)さんが、7月6日午前8時45分、誤嚥(ごえん)性肺炎のため都内病院で死去した。85歳。葬儀・告別式は、故人の遺志により、近親者にて執り行われた。

■撮影監督・前田米造さんの作品

 前田さんは、1935年10月23日東京生まれ。1954年撮影助手として日活撮影所に入社。1972年『たそがれの情事』(西村昭五郎監督)でカメラマンとしてデビューし、『赫い髪の女』『キャバレー日記』などロマンポルノの名作を手掛けた。

 1982年にフリーとなって以降、さまざまな監督とコンビを組み、とくに森田芳光、伊丹十三作品を数多く担当した。1986年『それから』(森田芳光監督)で毎日映画コンクール撮影賞および日本アカデミー賞最優秀撮影賞を受賞。

 1991年には『天と地と』(角川春樹監督)で同じく日本アカデミー賞優秀撮影賞を受賞した。また、2007年には芸術文化に対する多大なる貢献を讃えられ、旭日小綬章を受章したほか、2021 年には永年にわたる多大な貢献と顕著な実績を讃えられ、日本アカデミー賞会長功労賞が贈られた。

 日活は書面を通じて「生前の偉大なご功績に深い感謝の意と尊敬の念をもって、謹んで哀悼の意を表します」とコメントしている。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ