プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

『シン・エヴァ』興収100億円突破で粋な祝福続々 緒方恵美「ありがとう」ファン「おめでとう」最終話のセリフが話題

『シン・エヴァンゲリオン劇場版』のキービジュアル(C)カラーの画像

『シン・エヴァンゲリオン劇場版』のキービジュアル(C)カラー

 アニメ映画『シン・エヴァンゲリオン劇場版』(3月8日公開)の最新の興行収入が13日に東映より発表され、公開から127日間累計で100億円の大台を突破した。きのう12日までで、100億1582万円、観客動員は655万人を突破し、ネット上ではファンやキャストから「ありがとう」「おめでとう」と粋な祝福の声があがっている。

【写真】緒方恵美「ありがとう」 『エヴァ』のレアポスターもチラリ

 興収100億円突破に碇シンジ役の緒方恵美は、自身のツイッターを更新し「【御礼】シン・エヴァンゲリオン劇場版100億円突破! ありがとうございます!!」とし、「公開期間中普通の日は1日もありませんでした。最終上映が17時台ということも、東京・大阪の映画館が閉まった期間も。そんな中でも足を運んで下さった皆様。心から感謝致します。『ありがとう…』」と感謝の思いを伝えた。

 さらに、「おめでとう」と祝福の声が続々と届いている。『エヴァ』ファンにとって「おめでとう」はとても印象深い言葉で、『新世紀エヴァンゲリオン』の最終話「世界の中心でアイを叫んだけもの」では、主人公・シンジに対しアスカ、綾波レイら多くの登場キャラクターが「おめでとう」と祝福し、シンジが「ありがとう」と返事するシーンが有名。緒方が今回、「ありがとう」と伝えたことで、伝説として語り継がれる最終話の象徴的なセリフで、ファンも「おめでとう」と返事するなど粋な祝福をしている。

 公開初日から興収8億277万4200円、観客動員数53万9623人を記録し、前作『:Q』(2012年公開)初日の興行対比123.8%、観客動員対比121.7%と、大ヒットスタートとなった今作。前作『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』(2012年公開)の最終興収53億円を大きく上回っているほか、庵野秀明総監督が手掛けた『シン・ゴジラ』(2016年公開)の興収82.5億円を突破するなど、庵野監督の作品の中で最高記録更新となった。

 『新劇場版』シリーズは、テレビシリーズ『新世紀エヴァンゲリオン』に新たな設定とストーリーを加え全4部作として「リビルド」(再構築)したもので、今作は、2007年公開の『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』、09年公開の『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』、12年公開の『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』に続く作品であり、完結編となる。

■『シン・エヴァンゲリオン劇場版』興収の流れ
初日:興行収入8億277万4200円、観客動員数53万9623人
7日間:興行収入33億3842万2400円、観客動員数219万4533人
14日間:興行収入49億3499万6800円、観客動員数322万2873人
21日間:興行収入60億7821万1750円、観客動員数396万1480人
28日間:興行収入68億9861万3200円、観客動員数451万3374人
30日間:興行収入70億円突破
35日間:興行収入74億2624万3700円、観客動員数484万8041人
42日間:興行収入77億9931万4050円、観客動員数508万8007人
49日間:興行収入80億円、観客動員数523万人
59日間:興行収入82億8229万8700円、観客動員数542万3475人
63日間:興行収入83億円、観客動員数546万人
77日間:興行収入85.4億円、観客動員数559万人
84日間:興行収入86.1億円、観客動員数563万人
91日間:興行収入86.7億円、観客動員数567万人
98日間:興行収入89億6530万6780円、観客動員数586万7510人
99日間:興行収入90億円
105日間:興行収入93.2億円、観客動員数611万人
112日間:興行収入95億円、観客動員数626万人
119日間:興行収入97.5億円、観客動員数639.3万人
123日間:興行収入98.1億円、観客動員数643万人
125日間:興収98.8億円、観客動員数647万人
126日間:興収99.9億円、観客動員数654 万人
127日間:興収100億1582万円、観客動員数655万人

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ