プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

「アイドルは卒業できない」――松村沙友理、今後も“求められる”存在へ

乃木坂46を卒業するも「アイドルは卒業できない」と語った松村沙友理(撮影:小倉直樹) (C)ORICON NewS inc.の画像

乃木坂46を卒業するも「アイドルは卒業できない」と語った松村沙友理(撮影:小倉直樹) (C)ORICON NewS inc.

 きょう13日に、人気グループ・乃木坂46を卒業する松村沙友理(28)。“乃木坂46の松村沙友理”として最後の活動となる卒業記念写真集『次、いつ会える?』(マガジンハウス)も同日発売になった。2011年8月21日に1期生オーディションに合格してから約10年。写真集に込めた思いとともに、これからの彼女に迫った。

【写真】赤ワンピで見せる美しさ…松村沙友理撮り下ろし&写真集フォトギャラリー

 松村は、白石麻衣(昨年10月卒業)、橋本奈々未さん(2017年2月引退)とともに「御三家」と呼ばれ、27枚のシングルすべてで選抜入りを果たした初期からのメンバー。6月23日には卒業コンサート『さ~ゆ~Ready?』を横浜アリーナにて開催し、メンバー全員からもらったバラの花束を両手に抱えた松村は「さゆりんご、完全燃焼しましたー!」と絶叫し、笑いあり、涙ありのコンサートをやりとげた。

 一方で、グループの活動のみならず、ファッション誌『CanCam』の専属モデルを務めているほか、『賭ケグルイ』シリーズや、TBS系ドラマ『プロミス・シンデレラ』への出演など女優としても活躍の場を広げている。

 今後の活動については「私は欲張りなんです。どれも極めたくて『これ1本で!』とは思っていないです。バラエティ番組も出たいですし、演技のお仕事もいただけるならやりたい。歌は…うまくなったらなと思いますが(笑)」と一つに絞らず、いまのまま巡り合った仕事にまい進していく思いだ。

 一大イベントの“グループ卒業”は「常に引き際を考えていました。いつ卒業するかは意識して活動していました」と話す。このタイミングになったのは「世論じゃないですか?(笑)」と冗談半分に答えつつ「もちろん何かを言われたわけではなくて、前向きな判断ですよ(笑)。でも、どこか冷静な自分がいて、このタイミングになったんだと思います」と自然な流れで決まっていったという。

 卒業を決めるにあたり、“親友”白石とも会話をしたようで「白石とはお互いを慰め合うことが多いというか、乃木坂のメンバーってそういう関係なんです。お互いを褒め合い、頑張っている子には『頑張っているね』と言う。白石とは『私たちも頑張って来られたよね』と言い合いながら、意思確認していたと思います」と明かしてくれた。

■グループは卒業も「“アイドル”が終わる感覚はない」

 約10年にわたり、第一線で活動することができた理由を、迷いなく「ファン方々の存在」と挙げる松村。「アイドルという職業は求められないと成り立たないと思っていて。私も、人に求められることがなによりも喜びでやりがいを感じていました。ファンの方と直接お会いして、言葉をかけていただくこともたくさんありました。ライブでも声援をもらえて、応援の力はアイドルとして存在する意義だと感じていましたし、ファンの皆さんがいたからこその10年でした」とあらためて感謝の思いを告げる。

 これからは直接会う機会が少なくなるが「10年間やってきたことを急に終わらせるのもさみしいので、卒業してからも交流したりお話ができる場所を作っていきたいです。乃木坂46は卒業しますけど“アイドル”が終わる感覚はないんです」と話す。

 「私って生まれながらのアイドルだと思うんです(笑)。アイドルは卒業できません。乃木坂からは抜けますけど、いつまでもみなさんのアイドルでいたいし、みなさんに求められて、そして元気を与えられる存在でいたいです」。

■秋元康氏が決めたタイトルに納得「ファンと私のリアルな関係」

 今回発売する写真集では、寝起きカット、料理、食事、近所デートなど「彼女との日常」を感じられるシーンが満載で、松村の「ありのままの姿」が収められている。さらに、現メンバー42人からメッセージ、松村が率いる「さゆりんご軍団」のトークページ、生田絵梨花とのユニット「からあげ姉妹」最後のグラビア、そして白石との「さゆまい」親友対談など、充実の内容となっている。

 「乃木坂46人生で、自分が関わることは自分でやりたい人間だった」と自身を分析する松村だが、本写真集では「逆に周囲の方たちにおまかせしたかったんです。もちろん細かい部分は意見も出しましたが、大きいところはスタッフさんにやっていただきました」とこれまで支えてくれたスタッフに全幅の信頼を寄せて、ひとつの作品を作り上げていった。

 完成した写真集は「この1冊にいろんな自分がいると感じられました。もし私が口を出していたら、ひとりの松村沙友理しかいかなったと思います。着ている洋服、メイクも違い、新しい自分が発見できました」と喜ぶ。

 タイトル「次、いつ会える?」は、グループ総合プロデューサーの秋元康氏が決めたといい「いまの自分の状況だったり、ファンと私のリアルな関係と思いました。ファンの方といつ会えるのか、会うことがより大きな意味を持つんだなと思いました。あとは、彼女感やリアルさも重視しているので、カップルの中のやりとりとも感じとれますし、ワガママな彼女目線もあるのかな」と納得の表情で語ってくれた。

 グループに所属するとき、姉が名付けてくれたという“さゆりんご”の愛称は「大好きです! これからもそう呼ばれたいです」と笑顔で話してくれた松村。乃木坂46という大船を降りて、これからどのような活躍を見せてくれるのか。ひとりの“アイドル”松村沙友理の挑戦を、楽しみにしたい。

■松村沙友理(まつむら・さゆり) 1992年8月27日生まれ 大阪府出身
2011年8月21日に乃木坂46の1期生オーディションに合格。12年2月に「ぐるぐるカーテン」でCDデビューしてから全27作のシングルで選抜入りしている。『乃木坂工事中』ではさまざまな名言を残し、明るいキャラクターと愛らしい美ぼうで人気を集めている。趣味はアニメ鑑賞。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ