プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

【木梨の貝。×FNS歌謡祭プロジェクトVol.4】狩野英孝“大どんでん返し”に驚きと喜び

狩野英孝 (C)ORICON NewS inc.の画像

狩野英孝 (C)ORICON NewS inc.

 とんねるずの木梨憲武、ココリコ・遠藤章造、狩野英孝、ネプチューン・堀内健によるユニット“木梨とココリコ遠藤と結婚した狩野とホリケン”が、14日放送のフジテレビ系音楽特番『2021FNS歌謡祭 夏』(後6:30~10:48)に出演。今年3月にGYAO!の『木梨の貝。』で初お披露目となった楽曲「最高な毎日にするために自分からグイッと動き 言葉に気をつけしかけは早め 全て面白がり答えは追い追いやってくる」を4人で歌唱すると発表されていたが、ももいろクローバーZと急きょコラボすることが決定した。

【写真】もともとは…木梨・遠藤・狩野・ホリケンのユニットで出演予定

 今回の経緯としては、『木梨の貝。』100回記念の生配信で、遠藤が木梨サイクルで自転車を購入する流れから、遠藤のYouTubeチャンネルと『木梨の貝。』とのコラボが実現。そこから、狩野も木梨サイクルに訪れ、木梨のオファーに応えて楽曲を即興で制作することとなった。さらに、木梨と親交の深い堀内も参加し、4人でレコーディングを行う流れに突入。かくして、完成した楽曲で『FNS歌謡祭』への出演が決定し、喜びもひとしおだった遠藤・狩野・堀内だったが、木梨の口から実はももクロとのコラボであると告げられた。

 ORICON NEWSでは、放送に向けて出演者たちへのインタビューを紹介。第4弾は、狩野のコメントを届ける。

――木梨からサプライズ発表を受けた心境について

もちろん、えーマジかよって思ったんですけど、若干自分たちが作った曲をももクロが歌ってくれている、うれしいみたいな気持ちもあったんですよ(笑)。だから、ネタバラシをされた時、ちょっと笑っているんですよね(笑)。

――『FNS歌謡祭』に出演できると聞いた時の思い

最初に、自分たちだけで『FNS歌謡祭』に出られると聞いた時はうれしかったですね。ノリで進んでいって、いつの間にかミュージックビデオ(MV)までできていって…。ただ、この曲がどうやって日の目を見るのか、わかっていないところもあったんですよね。冗談で『FNS』っていう話もしていたんですけど、でも実現しないだろうなって。4人が所属している事務所がそれぞれ違っている中で、今回のコラボが実現したことって、本当に奇跡ですよね。

そういえば、ノリさんに呼んでもらって、この曲をみんなで作った日、その後の仕事がフジテレビであって。(とんねるずとも親交のある)太田一平さんがいらっしゃったので、事情をお話していたら「いくらノリさんでも、絶対『FNS』は無理だって」って言っていたので、絶対に出られないと思っていたんですよ。そこからの大どんでん返しだったので、よりびっくりしましたね(笑)。

――楽曲に込めた思い?

曲を作るにあたって、いろんなエピソードがありますよね。自分が生きてきた中で、壮大なことをテーマにすることが多いと思うのですが、今回は午前中に起きたことを曲にしてくれというオーダーだったので、めちゃくちゃ材料が少ないなと思いました(笑)。ただ、実際にやってみたら、遠藤さんからの電話で朝飛び起きて、出てみたら「とんねるずの小さい方だけど、来れる、来れない、どっち?」からはじまって、木梨サイクルに行けるんだって…。僕、上京してきて最初に祖師ヶ谷大蔵に住んだんですけど、木梨サイクルがあるから、ノリさんに会えるかもっていう理由で、祖師ヶ谷大蔵を選んだんですよ。18歳の頃に「ここが木梨サイクルかぁ」って眺めていた場所で、今ノリさんと一緒に何かやっているぞって。そこから、ノリさんの車に乗って、所ジョージさんの家に行くという、非常に濃い時間だったので、いろいろと歌詞に詰め込むことができましたね。

――『FNS』本番への意気込み

緊張とかはまったく感じていなくて、立つステージが壮大すぎて、想像がつかないのが正直なところです。遠藤さん、ホリケンさん、そしてノリさんがいるだけで心強いというか、そこは安心してステージに立てるなと。僕が学生時代に歌番組を見ていて、当時を代表するアーティストの方々と一緒に、とんねるずさん、ウッチャンナンチャンさん、ダウンタウンさんといった芸人さん方が出られていて。何してくれるんだろうっていう期待感の中、すべてのパフォーマンスを見終わった後で、やっぱりそういった芸人さんたちが印象に残っていたので、そういったことができたらいいなと。すでに公式で、4人が出演するってなっていたところに、ももクロちゃんも出演されるという、公式の発表を覆すようなことになっているのも、視聴者の方はワクワクされているんじゃないかな(笑)。僕たちは果たして出るのかも含めて、ドキドキがあるので、やっぱり、ノリさんの演出スゴいなと思いますね。

――『FNS』の先に『紅白歌合戦』という大舞台も期待できる?

紅白ですね…。1個懸念がありまして、うち実家が神社でして、年末年始は実家に帰っているんですよ(笑)。そこは神社庁に言って、お願いするか、もしくはみんなに来てもらって、僕らだけ中継で、神社の前から出演するか(笑)。やり方はいろいろあると思いますが、その時はみなさんに動いていただくことになると思います。

――ももクロへのメッセージ

たぶん、こっち主導で始まったことだと思いますが、最終的には引っ張っていってもらう立場になると思いますので、お手柔らかにお願いします(笑)。

 あすは堀内健のインタビューを掲載する。

■『木梨の貝。』
毎週土曜日 午前7時更新で「GYAO!」にて無料配信中。
※『木梨の貝。緊急特別配信(仮)』は7月13日(火)21時から配信予定

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ