プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

『ゴジラvsコング』全世界興収500億円突破 “あのロボット怪獣”の場面写真解禁

映画『ゴジラ vs コング』(公開中)(C)2021 WARNER BROTHERS ENTERTAINMENT INC. & LEGENDARY PICTURES PRODUCTIONS LLC.の画像

映画『ゴジラ vs コング』(公開中)(C)2021 WARNER BROTHERS ENTERTAINMENT INC. & LEGENDARY PICTURES PRODUCTIONS LLC.

 ワーナー・ブラザースとレジェンダリー・ピクチャーズ、東宝が提携し、『GODZILLA ゴジラ』より展開してきたハリウッド版ゴジラシリーズと、『キングコング:髑髏島の巨神』の世界観がクロスオーバーする「モンスター・ヴァース」シリーズの第4弾『ゴジラvsコング』の全世界での累計興行収入が500億円を突破した。東宝が明らかにした。そして、SNS上では、“超カッコイイ!”“強すぎる!凄い迫力”“歴代最強の敵!”“惚れ直した!”“最狂でたまらない”など、その存在が話題にのぼっていた“あのロボット怪獣”の場面写真も公開された。

【画像】メカゴジラのアザーカットがあと2枚

 既に公開された42の国と地域で、週末興行ランキング1位を獲得するヒットを記録。北米では3週連続ランキング1位となり、累計で大ヒットの証である1億ドル(約111億円)をこのコロナ禍において突破した。そして、今月2日に公開されたゴジラの生まれた国・日本においても、週末興行ランキングにてぶっちぎりの1位を獲得。これは、2020年3月のパンデミック以降の日本にて公開されたハリウッド映画では“初”となる。まさに、ゴジラとコングの究極の対決に相応しい地球規模での大ヒットとなった。

 そして、このタイミングで一部“ネタバレ”となる場面写真が公開された。ゴジラシリーズでは1974年に登場して以来、幾度となくゴジラの前に立ちはだかってきたメカゴジラが本作に登場していることが明らかに。ハリウッド版ゴジラとしては初登場となる。

 アダム・ヴィンガード監督が、この“メカゴジラ”の登場が監督オファーを受ける決め手になったと言っても過言でないと語るほどの重要な存在。ヴィンガード監督が、初代「メカゴジラ」の大ファンで、デザインもオリジナルをリスペクトしつつ、とにかくゴジラに対抗できる強敵としてロボットというより“怪獣”をイメージして新たにアップデートしたという本作のメカゴジラ。

 強固なメタリックに覆われたボディからビームを繰り出すメカゴジラの姿が露わとなる大迫力のビジュアル。このメカゴジラが今作にて、ゴジラやコングにどうバトルに挑むのか? その圧倒的な戦闘能力はいかに!? そして、このメカゴジラは誰がどんな目的で製造したのか? 公開中の映画館の大スクリーンで堪能してほしい。

 さらに、一部地域のテレビ局で放送された特番『独占映像満載!GODZILLA vs KONG 地球最大の頂上決戦スペシャル』が、YouTubeで公開されることになった。ハリウッドに挑む小栗旬の撮影現場に日本のカメラとして独占潜入。ヴィンガード監督やミリー・ボビー・ブラウンらのインタビュー映像やゴジラを愛する日本語吹替え版キャスト、日本版主題歌を担当するMAN WITH A MISSIONも登場するなど、ここでしか見られない超貴重映像満載。すでに鑑賞済みの人も、これからの人も、必見の特別映像となっている。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ