プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

松村沙友理、乃木坂46卒業へ覚悟「不安な気持ちに打ち勝つ」 マルチな活動に意欲

松村沙友理 卒業記念写真集『次、いつ会える』記者会見の模様(C)マガジンハウスの画像

松村沙友理 卒業記念写真集『次、いつ会える』記者会見の模様(C)マガジンハウス

 人気アイドルグループ・乃木坂46から卒業する松村沙友理(28)が8日、オンラインで行われた卒業記念写真集『次、いつ会える?』(マガジンハウス)記者会見に出席。発売日にあたる13日をもって、乃木坂から卒業する松村は「乃木坂46での10年間がとても詰まっている書籍を出せてうれしいのですが、これが出ちゃうと、私は乃木坂46じゃなくなるんだなという気持ちもあって…。発売日までのカウントダウンの数字が小さくなるにつれて、自分の中でさみしさを感じています」と率直な思いを打ち明けた。

【写真】お気に入りのカットを披露する松村沙友理

 卒業を目前にした心境は「さみしさと不安も大きくなってきていますね。乃木坂のメンバーと一緒にやる仕事が終わっていって、こうやって日常的にメンバーと会話をすることもなくなるんだなと実感してきて、さみしさを感じることもあって…」とポツリ。「乃木坂46というホームで、芸能のお仕事の中でメンバーとたくさんしゃべって支え合ってやってきた人間なので、自分ひとりの足で立っていけるのかという不安はあります。だから、ぜひみなさん応援してください(笑)。でも、自分で決めたことなので、この不安な気持ちに打ち勝って、今後は、私の中ではひとつのことをこれがメインですって決めるのではなくて、いろんなことをやっていきたい」と声を弾ませた。

 松村は続けて「肩書としては女優さんになるのかな? 女優さんのお仕事も頑張っていきたいですし、バラエティー番組、いろんなイベントにも出ていきたいと考えています。乃木坂46にいる時も『いろんなことをやっているね』と言っていただけていたので、卒業してからも、なんでもやらせていただけたらうれしいなと思います。あれもこれもやっている人みたいな人間になりたい」とマルチな活動に意欲を見せていた。

 写真集の撮影は3rdシングル「走れ!Bicycle」のPRのために訪れた宮崎県を舞台に実施。「彼氏との初めての海デート」をイメージし、少しずつ2人の距離が縮まっていく様子を表現した。スイカ割りではしゃいでみたり、恥ずかしがる彼の手を取ってリードしたり「もし松村沙友理が彼女だったら」を想像させる写真が満載となっている。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ