プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

水石亜飛夢、放送終了から半年で再び『キラメイ』時雨に「もうレジェンドだなんて変だよね」

『セイバー+ゼンカイジャー スーパーヒーロー戦記』生配信イベントに出席した水石亜飛夢 (C)ORICON NewS inc.の画像

『セイバー+ゼンカイジャー スーパーヒーロー戦記』生配信イベントに出席した水石亜飛夢 (C)ORICON NewS inc.

 昭和・平成・令和と移り変わる時代に合わせ、放送されてきた「仮面ライダー」シリーズと「スーパー戦隊」シリーズ。1971年4月3日に放送開始した『仮面ライダー』から50年、1975年4月5日に放送開始した1作目となる『秘密戦隊ゴレンジャー』の放送から今年の『機界戦隊ゼンカイジャー』で45作品目。2大ヒーローが2021年にWアニバーサリーイヤーを迎え、シリーズの垣根を超えて共闘する『セイバー+ゼンカイジャー スーパーヒーロー戦記』が22日に公開される。それに先駆け、12日には生配信イベントが開催され、レジェンドキャストとして登場する水石亜飛夢が参加した。

【集合ショット】セイバー&ゼンカイキャスト陣が豪華登場!

 今年2月まで放送された『魔進戦隊キラメイジャー』にキラメイブルー/押切時雨役で出演していた水石。「キラメイブルー、世界の人気イケメンアクションエンターテイメナー俳優の押切時雨役の水石亜飛夢です。もうレジェンドだなんて変だよね」と時雨の決めぜりふを交えて自己紹介した。

 『キラメイジャー』を振り返ると「僕たち『キラメイジャー』は輝くだったり、きらめくがテーマだった。しかも、この1年は社会的にも大変だった。日曜朝のスーパーヒーロータイムは見ている皆さまが嫌なこと、日々の不安を忘れられるような時間を届けたいな、と6人全員が考えていた」と振り返る。そして「僕も小さいころから仮面ライダー、スーパー戦隊が大好き。今の自分に残っているように小さいお友だち、大きいお友だちも一生、心に残り続けるものなんだなって思う。それってスゴいこと。ヒーローの存在価値って、そこにあるんだろうな、つくづく思わされましたね」と胸の内を語っていた。

 生配信イベントには、内藤秀一郎、駒木根葵汰、鈴木福、山口貴也、川津明日香、青木瞭、市川知宏、知念里奈、増子敦貴、鈴木勝吾も参加した。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ