プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

シンケングリーン・鈴木勝吾、後輩ヒーローに“一筆奏上”「終わった後も最後までヒーロー」

『セイバー+ゼンカイジャー スーパーヒーロー戦記』生配信イベントに出席した鈴木勝吾 (C)ORICON NewS inc.の画像

『セイバー+ゼンカイジャー スーパーヒーロー戦記』生配信イベントに出席した鈴木勝吾 (C)ORICON NewS inc.

 昭和・平成・令和と移り変わる時代に合わせ、放送されてきた「仮面ライダー」シリーズと「スーパー戦隊」シリーズ。1971年4月3日に放送開始した『仮面ライダー』から50年、1975年4月5日に放送開始した1作目となる『秘密戦隊ゴレンジャー』の放送から今年の『機界戦隊ゼンカイジャー』で45作品目。2大ヒーローが2021年にWアニバーサリーイヤーを迎え、シリーズの垣根を超えて共闘する『セイバー+ゼンカイジャー スーパーヒーロー戦記』が22日に公開される。それに先駆け、12日には生配信イベントが開催され、レジェンドキャストとして登場する鈴木勝吾が参加した。

【集合ショット】セイバー&ゼンカイキャスト陣が豪華登場!

 侍戦隊シンケンジャー』のシンケングリーン/谷千明役を務めた鈴木は「一筆奏上。谷千明役の鈴木勝吾です」と変身時の決めせりふを口にし、わかせた。久しぶりに谷千明を演じたことについて「11年ぶりに帰ってきた。剣士担当ということで(『キラメイジャー』押切時雨役の水石)亜飛夢くんと剣を交えた。すごく楽しかったですね」としみじみ。山深い場所での撮影で「足場がスゴかった」というが、迫力あるシーンに仕上がったそう。

 同作には、謎の少年役として、仮面ライダー&スーパー戦隊ファンの鈴木福が出演している。鈴木は「前の現場とかで福くんとお会いしていて、ものすごくヒーロー好きなのは知っていた。ここは、久しぶりにしっかりヒーローやらないとなって思った。プレッシャーは、ちょっとありました」と振り返る。鈴木福が「おかえりなさい」と声をかけると、鈴木は「ただいま!」と元気よく返していた。

 また、ヒーローの魅力を問われた鈴木は「『シンケンジャー』がデビュー作だったんです。すごく、ありがたかった。終わって最初に思ったのが、お子さんが親御さんに向かって『シンケングリーンになりたい』って言ってくれる子が1人でもいればいいなっていうのが感想」と明かす。そして後輩ヒーローたちに囲まれながら「ヒーローはヒーロー。サンタクロースに近い感覚で、終わった後も最後までヒーローでいられたかどうかが気になった。ヒーローのやるべきことって、それに尽きるのかな。超ベタですけど、ヒーローは夢やロマンを届けていきたいなって。お子さんとかに会うと思うけど、彼らにとってはまごうごとなきヒーローだから。それを最後まで、その後の人生まで全うしてくれたら」と語りかけていた。

 生配信イベントには、内藤秀一郎、駒木根葵汰、山口貴也、川津明日香、青木瞭、市川知宏、知念里奈、増子敦貴、水石亜飛夢も参加した。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ