プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

『仮面ライダーセイバー』キャストが撮影を終え感慨「画面の向こうの皆さんもヒーロー」

(左から)山口貴也、青木瞭、知念里奈、内藤秀一郎、市川知宏、川津明日香 (C)ORICON NewS inc.の画像

(左から)山口貴也、青木瞭、知念里奈、内藤秀一郎、市川知宏、川津明日香 (C)ORICON NewS inc.

 昭和・平成・令和と移り変わる時代に合わせ、放送されてきた「仮面ライダー」シリーズと「スーパー戦隊」シリーズ。1971年4月3日に放送開始した『仮面ライダー』から50年、1975年4月5日に放送開始した1作目となる『秘密戦隊ゴレンジャー』の放送から今年の『機界戦隊ゼンカイジャー』で45作品目。2大ヒーローが2021年にWアニバーサリーイヤーを迎え、シリーズの垣根を超えて共闘する『セイバー+ゼンカイジャー スーパーヒーロー戦記』が22日に公開される。それに先駆け、12日には生配信イベントが開催され、キャストたちが、わちゃわちゃトークで盛り上げた。

【集合ショット】セイバー&ゼンカイキャスト陣が豪華登場!

 『セイバー』はクランクアップを終え、これから物語は結末を迎える。仮面ライダー最光/ユーリ役の市川知宏は「ユーリが本編でめちゃくちゃいいせりふを言っていた。ユーリは1000年前の剣士。昔は、ただ強いヒーローがいればよかった。でも、今は悩み、苦しみ、それを乗り越えて強くなれば誰もがヒーローになれる時代だ、と。それが、すごく響きました。だから、画面の向こうの皆さんも、みんなヒーローです」とメッセージ。

 仮面ライダーブレイズ/新堂倫太郎役の山口貴也は「先輩方も同じことを思っているかもしれないけど、僕たちも1年間、うまくいくことだけではなかった。世の中の状況もありますし。でも、そんな中で本をいただいて、自分のせりふやセイバーのせりふから、すごく元気をもらった。ダメになりそうなときも立ち止まったり、逃げちゃいけないんだと思って…」としみじみ。「ヒーローになるって大変だけど、みんなにも発信できるし、自分もやらないと、と思える。すごくいい作品だったと思います」と口にした。

 仮面ライダーエスパーダ/富加宮賢人役の青木瞭は「ヒーローって何に対しても元気や活力を与える。台本にある言葉を言う時って、自分なりの言葉に変換もできますし、どうやってこの言葉を伝えたら元気になるんだろう、力を与えられるんだろう、誰に気づいてもらえるんだろうっていうふうに考えることで僕たちも成長できる」と1年以上にわたる撮影を回顧。「それって、すごく素晴らしいこと。自分がヒーローをやれたことに対して、もらえたこともたくさんあった。本当にありがたいことでしたね」と述懐していた。

 生配信イベントには、内藤秀一郎、駒木根葵汰、鈴木福、川津明日香、知念里奈、増子敦貴、鈴木勝吾、水石亜飛夢も参加した。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ