プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

『セイバー』内藤秀一郎&『ゼンカイ』駒木根葵汰、藤岡弘、の言葉に感慨「泣きそうでした」

藤岡弘、の言葉に感慨したことを明かした(左から)内藤秀一郎、駒木根葵汰 (C)ORICON NewS inc.の画像

藤岡弘、の言葉に感慨したことを明かした(左から)内藤秀一郎、駒木根葵汰 (C)ORICON NewS inc.

 昭和・平成・令和と移り変わる時代に合わせ、放送されてきた「仮面ライダー」シリーズと「スーパー戦隊」シリーズ。1971年4月3日に放送開始した『仮面ライダー』から50年、1975年4月5日に放送開始した1作目となる『秘密戦隊ゴレンジャー』の放送から今年の『機界戦隊ゼンカイジャー』で45作品目。2大ヒーローが2021年にWアニバーサリーイヤーを迎え、シリーズの垣根を超えて共闘する『セイバー+ゼンカイジャー スーパーヒーロー戦記』が22日に公開される。それに先駆け、12日には生配信イベントが開催され、キャストたちが、わちゃわちゃトークで盛り上げた。

【集合ショット】セイバー&ゼンカイキャスト陣が豪華登場!

 劇中で『仮面ライダーセイバー』で主人公の仮面ライダーセイバー/神山飛羽真は『ゼンカイジャー』の世界へ飛ばされてしまった。飛羽真を演じた内藤秀一郎は「セイバーはシリアスだし、ゼンカイジャーは元気で明るい。真逆だったから最初に言った時は戸惑いましたね。セットにも戸惑いました。セイバーのセットはシック。ゼンカイジャーのセットは駄菓子まみれで(笑)」と撮影を振り返った。

 『ゼンカイ』のキカイノイドたちとも演技。内藤は「普段、表情を見て、せりふのやり取りをする。ジュランとかは顔が動かなくて…。どうやればいいのかと思ったけど、ジュランって体全体で表現する。やりづらさの心配はなかった」と驚いていた。

 一方、『ゼンカイジャー』で主人公のゼンカイザー/五色田介人は『セイバー』の世界へ。介人を演じた駒木根葵汰は「(仮面ライダーブレイズ/新堂倫太郎役の山口)貴也さんと(『仮面ライダー電王』に登場する)イマジンのみなさんと芝居をさせてもらったんですけど、僕がみんなを考えずに全力全開だったんですけど受け止めてくれた」と感謝。山口は「大変だったのよ」と冗談を交えつつ「そうやってくれることで、みんながパーッとついていく感じが頼もしかったですよ」と口にしていた。

 『電王』のイマジンからも「支えられている」と感じたそう。特にリュウタロスとは「初めて会った気がしなくて。同じ匂いがするので、ずっと友だちでした。最高でした」と裏話を語り、仮面ライダー最光/ユーリ役の市川知宏から「最高だな!」と劇中の決めぜりふをもらっていた。

 また、この日は完成披露イベントも開催され、『仮面ライダー』の仮面ライダー1号/本郷猛役の藤岡弘、の出演が発表された。駒木根は「存在自体がヒーローだった。ひと目見た時に直感で感じました。せりふ一つひとつの重さが、とても重い。その中に優しさも感じました。せりふを受けて泣きそうになりました」と邂逅(かいこう)を語った。

 内藤も「藤岡さんのせりふの出し方、雰囲気が『仮面ライダー』を愛しているなと感じた。本当に伝わってきた。本当に泣きそうになった。藤岡さんと先ほどもお話させていただいたんですけど、そのせりふも偉大だった。そのせりふは自分の中だけの秘密にさせていただきます。その言葉は、この先、仮面ライダーとしても、1人の役者としても大事にしたいなと思いました。感謝しています」としみじみ口にしていた。

 生配信イベントには、鈴木福、川津明日香、青木瞭、知念里奈、増子敦貴、鈴木勝吾、水石亜飛夢も参加した。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ