プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

音楽

神はサイコロを振らない、アユニ・D&n-bunaとコラボ 「初恋」配信リリース

「神はサイコロを振らない × アユニ・D(BiSH/PEDRO)× n-buna from ヨルシカ」が7月16日に「初恋」配信リリースの画像

「神はサイコロを振らない × アユニ・D(BiSH/PEDRO)× n-buna from ヨルシカ」が7月16日に「初恋」配信リリース

 4人組ロックバンド・神はサイコロを振らないが、16日に配信リリースする自身初のコラボレーションシングル「初恋」で、BiSHのアユニ・Dをコラボボーカリストに迎え、ヨルシカのコンポーザー・n-bunaが作曲およびサウンドプロデュースを担当したことが明らかになった。作詞はボーカルの柳田周作が手がけた。

【動画】コラボボーカルとしてアユニ・Dが歌唱参加したスタジオセッション

 「神はサイコロを振らない × アユニ・D(BiSH/PEDRO)× n-buna from ヨルシカ」 名義で配信リリースする「初恋」は、ノスタルジックなラブソング。柳田とアユニ・Dの独特な歌声を介して、どこか懐かしさを感じる楽曲となっている。

 コラボのきっかけは、ギターの吉田喜一がリスペクトし、プライベートでも交流があったn-bunaに「一緒に制作をしたい」ともちかけて始動。さらに、n-buna from ヨルシカが作曲した楽曲を聴いた柳田は「この曲は絶対に女性アーティストの声が必要だ」と感じ、「日本の女性アーティストの中で一番コラボをしたい!」と思っていたというアユニ・Dに熱烈なオファーをし、参加が決定した。

 アユニ・Dは「n-bunaさんの音楽は学生の頃から聴いていたのでなんとも震え上がる気分でした。そしてn-bunaさんがつくる音楽を聴くと苦く青臭い記憶が蘇ります。初々しくも刹那である青い季節のことを思い描きながら歌わせていただきました」とコメント。n-bunaは「神サイというバンドの持つ影のあるアンニュイさと、アユニ・Dさんの純粋で心地良い歌声が上手く調和する楽曲を作り上げられていれば」と願った。

 コラボアーティスト情報とあわせて、クリエイターのウエダツバサ氏によるイラストのアーティスト画像およびジャケット写真を公開。YouTubeチャンネルではアユニ・Dとのスタジオ歌唱映像も公開された。16日午後8時30分からはリリース記念のYouTube生配信を行い、同日午後9時にリリックビデオがプレミア公開される。

■神はサイコロを振らない 柳田周作コメント

神サイにとって初のコラボ楽曲となる「初恋」ですが、なんとヨルシカからn-bunaさん、BiSH/PEDROからアユニ・Dさんに参加して頂きました。n-bunaさんの産み出すメロディーに対して、ヨルシカの一ファンである僕が歌詞を乗せ、表現していく。n-bunaワールドに神サイとしての、柳田周作としての歌で介入していくのは簡単な事ではなかったけど、表現者としてぐっとレベルアップさせて頂きました。n-bunaさんの口から「僕にはこんな歌詞書けないなあ」なんて出てきたものですから、それはもう、感無量、こんなに光栄な事はありません。

そしてその歌を共に表現してくれたアユニさんはもっと大変だったと思います。アユニさんにも沢山の表現にチャレンジして頂いて、今にも消えていきそうな儚いテイクが出た時は、さすがだなと、アユニさんの底知れぬ可能性にゾクゾクしました。僕もここまでクリエイティブな現場はなかったんじゃないかと思うくらいの、挑戦、葛藤、開拓なレコーディングになりました。注目してもらいたいポイントは山ほどありますが、この楽曲が皆さんの夏を彩ってくれる事を願っています。

■アユニ・D(BiSH/PEDRO)コメント

私自身ソロでは初めてコラボ作品に参加させていただきまして、緊張しながらも楽しくレコーディングをさせていただきました。神サイさんもバンドとしては初めてのコラボ作品ということで初めて同士の作品が「初恋」というのがなんだか奇遇で素敵なのではないかと勝手ながら思いました。

n-bunaさんの音楽は学生の頃から聴いていたのでなんとも震え上がる気分でした。そしてn-bunaさんがつくる音楽を聴くと苦く青臭い記憶が蘇ります。初々しくも刹那である青い季節のことを思い描きながら歌わせていただきました。よろしくお願い致します。

■n-buna from ヨルシカ コメント

男女が言葉を交わし合うようなイメージの楽曲を作ろうと制作を始めたのが、周作さんの詩がメロディーに乗ったことで思い出の中の人と会話するような歌へと変化していき、少しずつこの楽曲に辿り着いたような感覚があります。神サイというバンドの持つ影のあるアンニュイさと、アユニ・Dさんの純粋で心地良い歌声が上手く調和する楽曲を作り上げられていればと、そう願っています。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ