プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

浜辺美波“縦型映画”出演に意気込み「できる限りのことをしていきたい」

縦型映画出演に意気込みを語った浜辺美波 (C)ORICON NewS inc.の画像

縦型映画出演に意気込みを語った浜辺美波 (C)ORICON NewS inc.

 女優の浜辺美波が12日、都内で行われた映画祭『TikTok TOHO Film Festival 2021』授賞式に登壇。5000以上の応募からグランプリに選ばれた吉川啓太さんが、賞金30万円とトロフィー、東宝プロデュースによって自身が出演する新作映画の制作権が与えられたことを受けて、コメントを寄せた。

【動画】美肌輝く純白ドレスで登場した浜辺美波

 浜辺は、グランプリ受賞作の『トラベルノート』について「ステキだなと純粋に思えた作品で、拝見した時から撮った方にお会いしたい気持ちでした。しっかりお顔を拝見して、彼なら絶対にいい作品になるから大丈夫だな、人柄的にも安心できる方だと感じました。どんな作品が上がってくるのか、一歩一歩進んでいくのが楽しみです」と満面の笑み。

 映画は縦型での撮影が想定されており、浜辺にとっても初めての試みとなるが「縦型ということで、目につきやすい場所も変わると思いますし、意識する場所も違うと思うので、画面とかも拝見しながら、脚本からちゃんとお話して、たくさんの方に楽しんでいただけるように。できる限りのことをしていきたいです。今回、たくさんの作品を拝見して、引きとかも印象的だったので、何気ないワンカットも縦の良さを生かしたものがあればいいなと感じました」と声を弾ませていた。

 授賞式にはそのほか、公式アンバサダーの北村匠海、審査員の三池崇史監督、山田智和氏、しんのすけ(TikTokクリエイター)も出席した。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ