プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

藤岡弘、『仮面ライダー』50周年の日に「石ノ森先生が夢枕に」 令和ヒーロー激励「子どもを失望させない」

『スーパーヒーロー戦記』に出演する藤岡弘、 (C)ORICON NewS inc.の画像

『スーパーヒーロー戦記』に出演する藤岡弘、 (C)ORICON NewS inc.

 俳優の藤岡弘、(75)が12日、東京・落合南長崎のトキワ荘マンガミュージアムで行われた映画『セイバー+ゼンカイジャー スーパーヒーロー戦記』(7月22日公開)完成披露イベントに登場。『仮面ライダー』から50年という節目の作品となる同作への出演が発表された。

【動画】仮面ライダー1号・藤岡弘、サプライズ登場!セイバー&ゼンカイジャーにエール

 昭和・平成・令和と移り変わる時代に合わせ、放送されてきた「仮面ライダー」シリーズと「スーパー戦隊」シリーズ。1971年4月3日に放送開始した『仮面ライダー』から50年、1975年4月5日に放送開始した1作目となる『秘密戦隊ゴレンジャー』の放送から今年の『機界戦隊ゼンカイジャー』で45作品目。2大ヒーローが2021年にWアニバーサリーイヤーを迎え、シリーズの垣根を超えて共闘する同作。

 令和のヒーローへメッセージを求められると藤岡は「これからヒーロー。多くの未来を背負っていく子どもたちに与える影響力を考えて自覚してもらいたい。愛と正義と勇気と感動と希望と夢、これを伝えていく。また責任が伴う。とてつもない大きな荷持を背負うことになる。これから未来を背負う子どもたちを失望させないように心して、そういうふうに思います。頑張って。頼むぞ!」と激励した。

 『仮面ライダーセイバー』で主人公の神山飛羽真役の内藤秀一郎は「藤岡さんとはワンシーンぐらいしか、ご一緒できなかったんですけど、藤岡さんから発せられるせりふ、感情、その全てに考えさせられるものがありました。感動させてもらいました。藤岡さんが『仮面ライダー』のレジェンドなんだなって改めて思いました」と振り返る。「この先、一生、仮面ライダー。今の言葉を絶対に忘れない」と決意表明した。

 『機界戦隊ゼンカイジャー』で主人公の五色田介人役の駒木根葵汰は「撮影の時から言葉の重み、体中から漂うオーラを、ひしひしと感じていた。これがヒーローなんだと思った」と回顧すると「『ゼンカイジャー』は後半年ぐらいある。この言葉を胸に、一生懸命、ヒーローとして走り抜けて行こうと思いました」と誓った。2人の言葉に藤岡は「うれしいね」と頬を緩めていた。

 また、今年4月3日に『仮面ライダー』は放送50周年の記念の日を迎えた。藤岡は「その夜、石ノ森先生が夢枕に立って、ほほ笑みました。なぜかわからなかった。いろんなことを思い巡らす中で(同作の)撮影が始まったんです。その思いがこみ上げてきて、感極まる思いで、私はその思いのままでやらせていただきました。この作品は特別な意味を持つと捉えています。どうぞ、ご覧になって私の思いを楽しんでいただけたら」と呼びかけ。「これからも『ヒーローは永遠に死なない』という石ノ森先生の言葉を思い出しながら、この夢を追い続けたい」と力を込めていた。

 同作は、スーパーヒーローの“最強の敵”アスモデウス(谷田歩)の企みにより、禁断の地・アガスティアベースで保管されていた、世界を揺るがす“禁書”が解放。それにより「現実」と「物語」の境界があいまいとなり、『仮面ライダーセイバー』主人公の神山飛羽真(内藤秀一郎)、須藤芽依(川津明日香)、ユーリ(市川知宏)たちが、スーパー戦隊シリーズ『機界戦隊ゼンカイジャー』の世界へ、そして『機界戦隊ゼンカイジャー』主人公の五色田介人(駒木根葵汰)とガオーン、マジーヌ、ブルーンたちが、仮面ライダーシリーズ『仮面ライダーセイバー』の世界へ迷い込む事態になる。

 イベントには、謎の少年役の鈴木福も参加した。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ