プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

藤岡弘、『スーパーヒーロー戦記』出演 50年目の節目に石ノ森章太郎氏の言葉「『仮面ライダー』は永遠に死なない」

『スーパーヒーロー戦記』に出演する藤岡弘、 (C)ORICON NewS inc.の画像

『スーパーヒーロー戦記』に出演する藤岡弘、 (C)ORICON NewS inc.

 俳優の藤岡弘、(75)が12日、東京・落合南長崎のトキワ荘マンガミュージアムで行われた映画『セイバー+ゼンカイジャー スーパーヒーロー戦記』(7月22日公開)完成披露イベントに登場。『仮面ライダー』から50年という節目の作品となる同作への出演が発表された。

【動画】仮面ライダー1号・藤岡弘、サプライズ登場!セイバー&ゼンカイジャーにエール

 昭和・平成・令和と移り変わる時代に合わせ、放送されてきた「仮面ライダー」シリーズと「スーパー戦隊」シリーズ。1971年4月3日に放送開始した『仮面ライダー』から50年、1975年4月5日に放送開始した1作目となる『秘密戦隊ゴレンジャー』の放送から今年の『機界戦隊ゼンカイジャー』で45作品目。2大ヒーローが2021年にWアニバーサリーイヤーを迎え、シリーズの垣根を超えて共闘する同作。

 『仮面ライダー』で、仮面ライダー1号/本郷猛を演じた藤岡はトキワ荘を前に「感慨深いものがあります。ここで、石ノ森章太郎先生の仮面ライダーが生まれたと思いますと、感じるものがあります。こみ上げてきますね」と話す。仮面ライダーとスーパー戦隊の生みの親である石ノ森氏とのエピソードを問われると「一緒に撮影をしたことがありまして、監督をなされた時に『藤岡くん、子どもたちに焼き付いた感動や思い入れは一生を左右するから真剣に取り組んだ方がいいよ』と言われたことを思い出します。『仮面ライダーはいつ死ぬのか』と聞いたら、笑いながら『仮面ライダーは永遠に死なないんだよ』と。それが私の心の中に焼き付いています」としみじみと口にした。

 同作は、スーパーヒーローの“最強の敵”アスモデウス(谷田歩)の企みにより、禁断の地・アガスティアベースで保管されていた、世界を揺るがす“禁書”が解放。それにより「現実」と「物語」の境界があいまいとなり、『仮面ライダーセイバー』主人公の神山飛羽真(内藤秀一郎)、須藤芽依(川津明日香)、ユーリ(市川知宏)たちが、スーパー戦隊シリーズ『機界戦隊ゼンカイジャー』の世界へ、そして『機界戦隊ゼンカイジャー』主人公の五色田介人(駒木根葵汰)とガオーン、マジーヌ、ブルーンたちが、仮面ライダーシリーズ『仮面ライダーセイバー』の世界へ迷い込む事態になる。

 イベントには、内藤、駒木根、鈴木福も参加した。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ