プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

音楽

櫻坂46×日向坂46、3年ぶり合同ライブに感無量「根っこは同じ」 開演前からトレンド1位

日向坂46(左半分)と櫻坂46(右半分)の合同ライブ『W-KEYAKI FES.2021』最終日 Photo by 上山陽介の画像

日向坂46(左半分)と櫻坂46(右半分)の合同ライブ『W-KEYAKI FES.2021』最終日 Photo by 上山陽介

 アイドルグループ・櫻坂46と日向坂46が11日、山梨・富士急ハイランドコニファーフォレストで合同野外ライブ『W-KEYAKI FES. 2021』3days最終公演を開催した。

【ライブ写真】櫻坂×日向坂『W-KEYAKI FES.2021』3daysフォト32点

 両グループは、お互いに改名前の欅坂46、けやき坂46(ひらがなけやき)時代の2017年・18年に同所で野外ライブ『欅共和国』を開催。2019年2月、けやき坂46が日向坂46に改名して“独立”したことから、『欅共和国2018』以来3年ぶりの合同ライブとなった。開演前から本公演のハッシュタグ「#WKEYAKIFES_DAY3」がツイッターの国内トレンドで1位となるほど、ファンの期待感が高まるなかで午後5時過ぎにスタートした。

 櫻坂46のメンバー25人はグループカラーの白を基調に、淡い桜色と緑をあしらった衣装、日向坂46のメンバー21人は同じく白を基調に淡い空色をポイントにした清楚な衣装で登場。総勢46人(小坂菜緒は欠席)が横一列に並ぶと、櫻坂46のキャプテン・菅井友香は「私たちはここで3年前、一緒にライブをさせてもらって、こんなに早く一同に会することができると思っていなかったから、とにかくうれしいです。最高のライブにしたいと思います。気合いバッチリでーす」と満面の笑みを浮かべた。

 一方、日向坂46のキャプテン・佐々木久美は「本当にずっと楽しみにしていて。いつかは合同でライブとかやらせていただけたらいいなぁと思っていたけど、まさかこんなに早い段階でご一緒させていただけると思っていなかったので、たぶん(ファンの)皆さんよりも楽しみだと思います」と声を弾ませた。

 ライブ序盤は、櫻坂46はシングルのカップリング曲中心、日向坂46は表題曲を中心に2曲ずつ交互にパフォーマンス。休養中のためライブを休演した小坂菜緒に代わって「ドレミソラシド」は丹生明里、「ソンナコトナイヨ」は東村芽依、「キュン」は加藤史帆がセンターの代役を務めた。

 両グループは久々の共演に舞台裏でも盛り上がっていたといい、ひかりTVドラマ『ボーダレス』で渡邉理佐(櫻坂46)と姉妹役を演じた濱岸ひより(日向坂46)が「理佐さんと話しましたと明かすと、佐々木久美は「写真も撮ってたよね? 理佐さんとのツーショット会みたいになっていて。ちなみに私と陽世(3期生・山口陽世)も並びました」と茶目っ気たっぷり。

 櫻坂46の新2期生たちも日向坂46に推しメンがいることを打ち明け、大沼晶保は「私、夢がかなって。ずっと加藤史帆さんのことが推しメンなんですけど、昨日、話すことができて、思いを伝えることができました。『好きです』って言ったら、加藤さんから『私を好きなんて、変な子変な子〜!』って言われて。写真も撮っていただいたので額縁に飾ろうかな」と喜んだ。

 ラストスパートでは、白を基調としたパンツスーツに衣装チェンジした櫻坂46が、炎が立ち上るなかで気迫のこもった「Nobody’s fault」を披露すると、日向坂46は河田陽菜センターの「キツネ」で観客のボルテージはさらに上昇。櫻坂46は最年少15歳の山崎天センターの「Buddies」、森田ひかるセンターの「BAN」で締め、日向坂46は、けやき坂46時代からのライブ鉄板曲「NO WAR in the future 2020」「誰よりも高く跳べ!2020」で会場を一体化させた。

 佐々木久美は「3年前にこのステージに立たせていただいたときは、『出させていただいている』という気持ちでやってたんですけど、そのとき一緒にやっていた櫻坂さんとこの舞台で一同に会すことができて。方向性は違うグループになったけど、またこうして坂道グループとして同じステージに立たせていただいているというのは本当にありがたいことだと、今日ライブをして改めて思いました。本当にありがとうございます」と感慨深げ。

 菅井も「同じ欅坂から“ひらがなけやき”と“漢字欅”として頑張ってきたけど、根っこは同じ。お互い改名したけど、こうやって一緒の時間を過ごせて、きっとそれぞれのグループにしかわからないつらい時期とか大変な波とかもあったと思うんだけど、そういうのを乗り越えて、こうしてまたみんなで集まれて本当に感無量だし、どんなときもサポートしてくださった皆さんがいらっしゃるからだなと感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございます」と喜びをかみしめた。

 両グループのメンバーがステージに集結すると、ラストナンバーは、欅坂46、けやき坂46時代のコラボ曲「W-KEYAKIZAKAの詩」。最後の最後でようやく両グループ合同でのパフォーマンスとなった。メンバーは全員、欅坂/けやき坂時代のグループカラー、緑のペンライトを持ち、会場も緑一色に。「♪欅坂~ けやき坂~」と歌うと、欅坂46初期メンバー守屋茜と小池美波は感極まって目をうるませた。

 菅井は「これからもお互い、欅坂から生まれたグループとして関係を築いて高め合っていきたいと思います」と誓い、佐々木久美は「来年ここに戻ってこられるように、私たちも精一杯頑張っていきたいと思います。これからも私たちについてきてください!」と叫ぶと、夜空には盛大に花火が打ち上がった。

■『W-KEYAKI FES.2021』セットリスト

OPENING
01. それが愛なのね/櫻坂46
02. なぜ 恋をして来なかったんだろう?/櫻坂46
03. ドレミソラシド/日向坂46
04. ソンナコトナイヨ/日向坂46
05. 君と僕と洗濯物/櫻坂46
06. Plastic regret/櫻坂46
07. キュン/日向坂46
08. アザトカワイイ/日向坂46
09. 偶然の答え/櫻坂46
10. 半信半疑/櫻坂46
11. 膨大な夢に押し潰されて/日向坂46
12. 青春の馬/日向坂46
13. ブルームーンキス/櫻坂46
14. 思ったよりも寂しくない/櫻坂46
15. JOYFUL LOVE/日向坂46
16. 君しか勝たん/日向坂46
17. Nobody’s fault/櫻坂46
18. キツネ/日向坂46
19. Buddies/櫻坂46
20. NO WAR in the future 2020/日向坂46
21. BAN/櫻坂46
22. 誰よりも高く跳べ!2020/日向坂46
23. W-KEYAKIZAKAの詩

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ