プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

ダイアン・レイン&ケビン・コスナー共演、サイコスリラー『すべてが変わった日』予告編

ダイアン・レイン、ケビン・コスナー共演のサイコスリラー『すべてが変わった日』(8月6日公開) (C)2020 Focus Features LLC. All Rights Reserved.の画像

ダイアン・レイン、ケビン・コスナー共演のサイコスリラー『すべてが変わった日』(8月6日公開) (C)2020 Focus Features LLC. All Rights Reserved.

 『マン・オブ・スティール』でスーパーマンことクラーク・ケントの育ての親を演じたダイアン・レインとケビン・コスナーが再び夫婦役で共演する映画『すべてが変わった日』(8月6日公開)の本予告映像と場面写真が解禁された。

【動画】映画『すべてが変わった日』予告編

 本作は、1960年代を舞台に、暴力的な男と再婚した義理の娘と孫を連れ戻すべく、常識が通用しない異様な一家に立ち向かっていく、西部劇の香りを纏わせたサイコスリラー。

 1963年、モンタナ州の牧場。元保安官のジョージ・ブラックリッジ(ケビン・コスナー)と妻のマーガレット(ダイアン・レイン)は、落馬の事故で息子のジェームズを失う。3年後、未亡人として幼い息子のジミーを育てていた義理の娘のローナが、ドニー・ウィボーイと再婚。ところが…。

 予告編では、義理の娘が再婚相手に暴力を振るわれているところをマーガレットが目撃するシーンから始まる。その後、何も言わずに姿を消してしまう義理の娘と孫。暴力的なドニーがローナとジミーを連れてノースダコタ州の実家に引っ越したと知ったマーガレットは、義理の娘と孫を取り戻すことを決意する。

 ジョージとマーガレットが、ドニーの実家に向かう道中、「誰かに尋ねりゃ向こうがあんたらを見つけるよ」と話す男。再婚相手の実家に足を踏み入れると、そこで待ち受けていたのは、暴力と支配欲ですべてを仕切る異様な女家長、ブランチ・ウィボーイだった…。

 「きっと殺されるわ」と、マーガレットたちに打ち明ける娘、孫と思われる子どもを抱きかかえるマーガレットの姿などが映し出されていき、映像の最後は斧を振り下ろさんとする男の背後に聞えるマーガレットの「オーマイガー」の叫び声。関わってはいけなかったイカれた家族の狂気が夫婦に襲い掛かる。

 共演は、『ファントム・スレッド』の名演で数々の映画賞にノミネート・受賞を果たしたレスリー・マンヴィル、『プライベート・ライフ』のケイリー・カーター、日本では海外ドラマ『バーン・ノーティス 元スパイの逆襲』の主演として人気を博したジェフリー・ドノヴァン、ディズニーチャンネルオリジナルムービー『ディセンダント』のジェイ役で注目を集めたブーブー・スチュワートが出演する。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ