プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

LUNA SEA・SUGIZO&INORAN、片岡鶴太郎の次男・荻野綱久の大作称賛 今後の再タッグにも期待

『アクリルボード・アート展』SPトークショーに出席した(左から)SUGIZO、荻野綱久、INORAN (C)ORICON NewS inc.の画像

『アクリルボード・アート展』SPトークショーに出席した(左から)SUGIZO、荻野綱久、INORAN (C)ORICON NewS inc.

 俳優・片岡鶴太郎の次男・荻野綱久と、5人組バンド・LUNA SEAのSUGIZOとINORANが10日、都内で行われた『アクリルボード・アート展』SPトークショーに出席した。

【写真】ライブ中に描き上げた大作の前で撮影!荻野綱久&SUGIZO&INORANの集合ショット

 6月に行われたSUGIZOとINORANのソロプロジェクト同士で対バンするライブイベント『SUGIZO vs INORAN PRESENTS BEST BOUT 2021~L2/5~』に荻野が参加し、ライブ中に一つの作品を完成させた。そして、荻野の同展にその完成品が展示されていることを記念し、今回のトークショーが実現した。

 荻野は、ドラゴンとフェニックスが描かれたこの作品について「2人の生の音をふんだんに浴びながら描き上げた作品。僕が普段描いている作品とはまた違った、2人の力が込められた作品だなと感じる」と紹介した。

 SUGIZOは「元々、INORANと僕は音とあらゆるジャンルを融合させて表現してきている。絶対にこのアプローチは合うなと思った」と確信があったと明かす。「僕とINORANのイメージがドラゴンとフェニックス。『BEST BOUT』という企画はドラゴンとフェニックスの死闘のようなイメージで数年前から進んでいた。たまたま荻野さんはそのモチーフが得意だった。これは運命的だなと思った」と語った。

 再び3人でタッグを組む可能性があるか問われると、INORANは「いずれまた機会があれば。個展をやってる時に呼んでもらって即興で演奏をするとかね。お互いのフィールドで戦って、またコラボレーションした時に刺激しあえたらうれしい」と提案すれば、SUGIZOも「いろんな場面でご一緒したいですね」とにっこり。荻野も「これからも一緒に作り上げていくライブみたいなのができたら僕としてもうれしい限り」と期待していた。

 同展は、いずれコロナが収束した時、大量のアクリル板が不用になり余ってしまうことを危惧し、アクリル板をアートに変えるという、SDGs(持続可能な開発目標)の取り組みの一環として開催。18日まで、東京・表参道Aoビルで開催している。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ