プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

【仮面ライダーセイバー】第43章「激突、存在する価値。」あらすじ デザストと蓮がついに勝負

『仮面ライダーセイバー』第43章より(C)2020 石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映の画像

『仮面ライダーセイバー』第43章より(C)2020 石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映

 波乱のストーリーが展開されている『仮面ライダーセイバー』(毎週日曜 前9:00、テレビ朝日系)。第43章「激突、存在する価値」が、11日に放送される。

【動画】【仮面ライダーセイバー】第43章「激突、存在する価値。」予告

 ワンダーワールドの侵食を完璧に止めるには、やはりタッセル(レ・ロマネスクTOBI)の本をストリウス(古屋呂敏)から取り戻さなければならない。飛羽真(内藤秀一郎)ら剣士たちはストリウスを探し出そうとノーザンベースを飛び出していく。

 そのころ蓮(富樫慧士)はデザストの前に現れると「お望み通り、お前と戦ってやる」と言い放つ。「来いよ」と言うデザスト、そして蓮は剣斬に変身。2人の思いが激しくぶつかり…。

 ついに飛羽真がストリウスのアジトを発見した。合流した凌牙(庄野崎謙)、玲花(アンジェラ芽衣)とともに踏み込むと、そこには…。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ