プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

ドキュメンタリー映画『東京オリンピック2017 都営霞ヶ丘アパート』の予告編

ドキュメンタリー映画『東京オリンピック2017 都営霞ヶ丘アパート』7月23日〜7月29日に先行上映決定 (C)Shinya Aoyamaの画像

ドキュメンタリー映画『東京オリンピック2017 都営霞ヶ丘アパート』7月23日〜7月29日に先行上映決定 (C)Shinya Aoyama

 東京・明治神宮外苑の国立競技場に隣接して建っていた、10棟からなる都営霞ヶ丘アパートを題材としたドキュメンタリー映画『東京オリンピック2017 都営霞ヶ丘アパート』の予告編が到着した。

【動画】ドキュメンタリー映画『東京2017』予告編

 都営霞ヶ丘アパートは、1964年のオリンピック開発の一環で建てられ、東京2020オリンピックに伴う再開発により2016年から17年にかけて取り壊された。映画は、強制退去させられた都営霞ヶ丘アパート住民の最後の生活の記録と、五輪ファーストの陰で繰り返される排除の歴史を伝えるもの。

 「東京ドキュメンタリー映画祭2020」特別賞受賞を経て、8月13日よりアップリンク吉祥寺及びアップリンク京都にて、8月21日より名古屋シネマテークにて公開されるほか、大阪・シネヌーヴォ、横浜シネマ・ジャック&ベティで公開。東京2020オリンピックの開催に合わせ、7月23日〜7月29日までアップリンク吉祥寺及びアップリンク京都にて先行上映が決定している。

 監督・撮影・編集を務めたのは、本作が劇場作品初監督作となる青山真也。五輪ファーストの政策によって奪われた住民たちの慎ましい生活の様子や団地のコミュニティの有り様、また移転住民有志による東京都や五輪担当大臣への要望書提出や記者会見の様子を記録し続けた。音楽は、2013年連続テレビ小説『あまちゃん』の音楽でレコード大賞作曲賞受賞、2019年大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~』(ともにNHK)の音楽を手がけた大友良英が務めている。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ