プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

清原和博、12年ぶりテレビ解説 思い出の甲子園で“伝統の一戦”伝える「自分も戦っているつもりで」

清原和博、12年ぶりテレビ解説 思い出の甲子園で“伝統の一戦”伝えるの画像

清原和博、12年ぶりテレビ解説 思い出の甲子園で“伝統の一戦”伝える

 元プロ野球選手の清原和博(53)が、10日放送のカンテレ『プロ野球中継 阪神×巨人』(後6:30 ※関西ローカル)で、片岡篤史(52)とともに解説を担当する。清原がテレビ解説を務めるのは、2009年の『日本シリーズ第2戦巨人VS北海道日本ハム』以来、実に12年ぶりで、阪神と巨人の“伝統の一戦”を解説するのは初めてとなる。

【写真】清原和博とともに片岡篤史が解説を担当

 当日、清原は阪神甲子園球場に来場。甲子園に来場するのは、全国高校野球選手権決勝の観戦で訪れた2018年8月21日以来となる。論理的で分かりやすいと野球評論に定評のある清原だが、久々のテレビ解説に向けて「巨人と阪神との首位攻防戦を解説する機会をいただき光栄です。思い出あふれる甲子園を舞台にした『伝統の一戦』の見どころを、自分も戦っているつもりでファンの皆様にお届けします」と意気込んだ。

 タッグを組むPL学園の後輩・片岡は「清原さんと阪神巨人戦を“あの甲子園”で解説させていただくことが楽しみです」と語っている。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ