プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

おぎやはぎ、田中裕二との音楽談義に期待? 矢作の“佐野元春超え”ネタで盛り上がる

中京テレビのバラエティー新番組「#っぽいウタ」取材会の模様の画像

中京テレビのバラエティー新番組「#っぽいウタ」取材会の模様

 お笑いコンビ・おぎやはぎがMCを務める中京テレビのバラエティー新番組「#っぽいウタ」が、17日よりスタートする(毎週土曜 後11:30 初回放送は深0:00 放送エリアは愛知・三重・岐阜)。このほど初回の収録を終えた2人が取材に応じ、番組でトークしたいゲストの名前を明かした。

【写真】中京テレビのバラエティー新番組「#っぽいウタ」

 番組では、毎回、テーマとなる「とあるアーティスト」や「とある音楽」の大ファンであるゲストとともにトークを展開。番組オリジナルでそのアーティスト「っぽいウタ」を作り生バンドで披露する、まったく新しい形の音楽番組“っぽい”バラエティーとなっている。

 演出の藪木健太郎氏が、おぎやはぎの起用について「(番組のコンセプトである)ど真ん中にいかない、軸になってくれる人っていう時に、真っ先におぎやはぎさんの名前が浮かびました。僕も恥ずかしいところがあって、真正面から音楽をやるのは恥ずかしいんですけど。この恥ずかしさも共有してくれるし、ズラし方を“人(にん)”として持っている」と力説。

 一方、おぎやはぎは今後番組内で「音楽談義」を行いゲストについて向けられると、小木博明が「ミッツ・マングローブとか、歌謡曲とか詳しいから。詳しい人の話って面白いからなー。爆笑問題の田中裕二さんとかね…」とにっこり。矢作兼が「そうなったら、結局あの人、歌うことになるからな」と笑いながら指摘すると、小木も「すぐ歌うからね(笑)。あの人、歌うの大好きなんだよなー」とたたみかけていった。

 その上で、矢作が「(田中は)佐野元春の時に来るだろうな(笑)。佐野元春だったら、オレたちもいけるから、オレが歌うっていうのもありかもしれない」との構想も披露。小木が「矢作は佐野元春を超えられるからね。1回だけ超えたことがあったんだよね?」と話すと、矢作も「これは本当に1回だけあったかもしれないんだよね(笑)」と切り返すなど、息のあったかけあいを見せていた。

 初回ゲストは峯岸みなみで、「あいみょんっぽい」を語り尽くした上で「#っぽいウタ」を作成。番組の模様は、放送後「TVer」「Locipo」で見逃し配信が行われる。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ