プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

おぎやはぎ「っぽい歌」作る新番組で奮闘 矢作兼「あいみょんとオレって全然違う」

中京テレビのバラエティー新番組「#っぽいウタ」の画像

中京テレビのバラエティー新番組「#っぽいウタ」

 お笑いコンビ・おぎやはぎがMCを務める中京テレビのバラエティー新番組「#っぽいウタ」が、17日よりスタートする(毎週土曜 後11:30 初回放送は深0:00 放送エリアは愛知・三重・岐阜)。このほど初回の収録を終えた2人が取材に応じ、番組への奮闘ぶりを語った。

【写真】バラエティー新番組「#っぽいウタ」取材会の模様

 番組では、毎回、テーマとなる「とあるアーティスト」や「とある音楽」の大ファンであるゲストとともにトークを展開。番組オリジナルでそのアーティスト「っぽいウタ」を作り生バンドで披露する、まったく新しい形の音楽番組“っぽい”バラエティーとなっている。

 初回は峯岸みなみをゲストに迎えて「あいみょんっぽい」を語り尽くした上で「#っぽいウタ」を作成。小木博明が「あいみょんっていうところでね、難しいんじゃないかなと思っていたから、予習したんです。峯岸がちゃんといい感じでやってくれたので、一発目にしては大成功だった」と明かすと、矢作兼も「ちゃんとっぽかった。ちょうどよかったね」と声を弾ませた。

 「#っぽいウタ」を作る作詞の才能について、矢作が「今まで考えたことなかったので、ちょっと自分も未知数なところもあったんですが、ほとんど才能がなかったなと(笑)。今後合う人が出てくると思うんですけど、あいみょんと愛称が合わないかもしれない。オレと全然違う(笑)。あいみょんとオレって全然違う」としみじみ。小木も「現場でチャチャッとやればいいんだなと思っていたら、全然出ないんだね(笑)。ミュージシャンってすごいなって尊敬しました」と明かした。

 義母である森山良子、義弟である森山直太朗の「#っぽいウタ」について、小木が「良子さんに関しては、あれはまぁー簡単だろうな」と冗談交じりに語ると、矢作は「そんなわけないだろう」と笑顔でツッコミ。小木が「直太朗は難しい。詩的で、何度聞いても意味がわからない。あのカッコつけ方が腹立つんですよね」とぶっちゃけると、矢作も「すぐ『刹那』って言うからな」と悪ノリして笑いを誘っていた。

 番組の模様は、放送後「TVer」「Locipo」で見逃し配信が行われる。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ