プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

ジャニーズWEST、『リア突WEST』が初の全国ネットレギュラーに 10月から『アタック25』“後枠”に決定

ジャニーズWESTによる『リア突WEST』が全国ネットレギュラーに進出 (C)ABCの画像

ジャニーズWESTによる『リア突WEST』が全国ネットレギュラーに進出 (C)ABC

 人気グループ・ジャニーズWESTが出演するABCテレビ制作のバラエティー『あなたの代わりに見てきます! リア突WEST』(毎週土曜 深0:35※関西ローカル)が、10月から毎週日曜の午後1時25分よりテレビ朝日系列にて全国放送されることがわかった。今秋に終了が予定されている、1975年4月から続いた長寿番組『パネルクイズ アタック25』の後枠に決定。同グループにとっては初の全国ネットレギュラー番組となる。

【写真】今秋で終了する『アタック25』の司会・谷原章介

 2015年7月の『ドヨルの妄想族』スタート以来、リニューアルを重ねながら続いてきたジャニーズWESTの番組。昨秋から放送している『突撃!』がテーマの『リア突WEST』はメンバーが記者となって日本全国にたくさん存在する“理解不能”な人や場所、通称「リア突案件」に突撃取材していく。

 これまでも、記者魂あふれるジャニーズWESTが古墳を掘って歌ったり、ゴルフボールダイバーといった珍しい職業の方と一緒に潜ったり、洞窟探検家に同行して洞窟を歩き回って地図を起こしたりと、ネットにも載っていないあらゆることを身体を張って究明してきた。「僕自身がこの番組のファン。何度も見ることが多い」と語る、ジャニーズWESTらしさ全開の体当たりドキュメントバラエティーとなる。

 なお、この全国ネット化については、10日放送分の収録終了直後に、メンバーが一堂に会する場でサプライズ発表。また、その場で記念すべき全国ネット初回のロケに行くメンバー2人を抽選で決定し、この模様も10日の放送回(この日は深夜0時45分から)で明らかなる。

 メンバーの小瀧望は「前身から6年以上深夜で番組をやらせていただいて。諦めずに肥料や水やりの仕方を変えたりしていたら、花っていつか咲くんや!と思いました」と喜びもひとしお。これには全員から「おしゃれ!」「いいこと言った!」と賞賛の声がとぶなか「この番組は僕たちの素が出ていて、それぞれのキャラクターもわかってもらえる。それを全国の皆さんに届けられるのがうれしいです」と意気込みを語っている。

■ジャニーズWESTインタビューコメント

――全国ネットになることへの感想を聞かせてください。

中間淳太「『リア突WEST』としては昨年秋からですが、ABCテレビさんの深夜枠ではデビュー直後から番組をやらせていただいていて、前身番組がいくつもあっての今なので、シンプルにうれしいです」

神山智洋「今年はデビュー7周年という僕らにとってのメモリアルな年で、個々でもいろいろな仕事をいただいているなか、グループでも大きな仕事が決まった!という喜びが正直なところ。全国どこでも、日曜のお昼に僕たちの番組が流れるという“日曜の顔”になることへの責任感もありますが、今と変わらず面白いことをワンチームでがんばっていきたいです」

藤井流星「全国ネットになったらいいなと思ってはいましたが、まったく予想もしていなかったので驚きました。その後で時間帯を知り、マジでびっくりしました。全国ネット初回のロケ担当のメンバーも決まり、安心して(全国ネット)1回目を迎えられそうです」

重岡大毅「僕は単純にこの番組のファン。毎回OAを何度も見ることがあるほど楽しみなんです。のびのびとやらせてもらっていて、ジャニーズWESTらしさが詰まった番組。もし『リア突』を見て『ジャニーズWESTってちょっと合わんな…』と言われたら、それはもう仕方がない!と思えるくらいしっかり僕たち全部を見せられているので、自信を持って『見てください!』と言えます。今まで身体張ってきてよかった!と涙が出てきます(笑)」

桐山照史「全国ネットにこの番組で行けることが、何よりうれしい。今はテレビは関西を中心に、その他の方々も配信で見ていただいていて、仕事関係でも『見てるよ!』と言われることが多くて。全国の方に、お昼ごはんを食べながらちょっと笑ってもらえるいい時間にいれていただいたのがありがたいです。リア突は、僕らがちびっ子の頃に見て育ったテレビの雰囲気がある。と言っても、僕らが見ていた番組では芸人さんがやっていましたが(笑)。ジャニーズの印象も変わる番組になるんじゃないかなと思っています」

小瀧望「前身から6年以上深夜で番組をやらせていただいて。諦めずに肥料や水やりの仕方を変えたりしていたら、花っていつか咲くんや!と思いました(全員「おしゃれ!」「いいこと言った!」)この番組は僕たちの素が出ていて、それぞれのキャラクターもわかってもらえる。それを全国の皆さんに届けられるのがうれしいです」

濱田崇裕(※濱は旧字体)「うれしいです!! (身体を張ったロケに)7人でぶつくさ言いながらも、気が付いたら『罰ゲーム、これじゃ足りひんな~』なんて思い始めていて。感覚が“リア突バグり”してます(笑)。たくさんの方に、よりいっそう素の僕らを楽しんでいただきたいです」

――今後についての展望や、番組への要望はありますか?

小瀧「全国的には「初めまして!」になるので、ゼロからの気持ちで」

重岡「これまでのままのリア突を見てほしいです」

神山「変に丸くなったりせずにね」

中間「『あなたの代わりに見てきます』が番組テーマなので『こんなところに行ってほしい』という視聴者投稿も増えるといいな。全国からいろいろ入ってくると、より面白くなると思うので」

桐山「衣装だけ(もう少しいいものに)変えてほしい! なんでもしますから!」

小瀧「なんでもします!?」

桐山「いや…人間ができる範囲のことならば…よ?」

小瀧「要望!『ロケ時間580分』ってスケジュールに書かれているような船ロケは、トイレ付きにしてほしい。僕と濱ちゃんで行った釣りロケ、ほんとツラかった! トイレ付きの船もあるんですからね!

重岡「これまで突撃してきた、番組を盛り上げてくれる『名物キャラクター』がたくさんいるので、それもリア突の見どころです」

濵田「スターがたくさんいますからね」

桐山「出てくださる方々がメインでもあるので。よくも悪くも番組全体のスタンスは変えたくないですね」

重岡「もう衣装もボロボロでいいです」

桐山「全国ネットに思いっきり力んで、コケるのはイヤなので…」

小瀧「そういえば全国ネットが決まったからかな。今日のロケ弁、ちょっとシャレてなかった?」

桐山「まあそんな弁当が来ても、いつも通りにしかできへんけどな(笑)」

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ