プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

音楽

NMB48白間美瑠、卒コン前にソロコン「幸せすぎて泣きそう」

『白間美瑠ソロコンサート2021 ~Zeppでも!みるみる~』より(C)NMB48の画像

『白間美瑠ソロコンサート2021 ~Zeppでも!みるみる~』より(C)NMB48

 8月に卒業コンサートを控えるNMB48最後の1期生・白間美瑠(23)が9日、大阪・ZeppOsaka Baysideでソロコンサート『白間美瑠ソロコンサート2021 ~Zeppでも!みるみる▽~』(▽=ハート)を開催した。

【ライブ写真7点】ネコ耳をつけたキュートさ全開 クールなみるるんも

 昨年8月の自身初のソロコンサートは無観客配信ライブとなったが、今回は有観客で実現。「今日は皆さんの前で歌って、踊ることができて、とってもとってもうれしく思います!」と有観客でソロ公演ができた喜びを伝え、「今日のライブは、かわいい私だったり、かっこいい私だったり、セクシーな私だったり、いろんな私を詰め込んだので、最後までしっかり“みるみる”していただければうれしいです!」と呼びかけた。

 ピンクの衣装で「なめくじハート」や「わるきー」のみるるんバージョン「わるるん」などをキュートに披露したり、「離れていても」をしっとりと歌い上げたり、「虫のバラード」や「夢のdead body」をワイルドに表現したりと、MCでの宣言どおり、さまざまな魅力を放出。

 映像コーナーでは「アイドルを卒業して最初にやりたいことは?」の質問に「ヌーディストビーチに行きたい」と答えたり、「犬はドッグ、猫はキャット、象は?」の問いに「エッグ? 待って、わからへん。イット?)」と珍回答も続出した。

 後半では、白間が初めてセンターを務めた「山へ行こう」、初のシングル表題曲センターに起用された「らしくない」など大切な曲を披露。「まさかシンガポール」「ナギイチ」「ドリアン少年」といった夏曲でも盛り上げた。

 アンコールでは「結晶」「ピンク色の世界」を歌唱すると「私は3月に『NMB48を卒業します』と発表しました。NMB48での11年間、私のパフォーマンスで、応援してくださる大好きな皆さんが元気になっていただけることがうれしかったです。なので、卒業しても歌って踊ることを続けていきたいです」と、卒業後はアーティストとして活動していくことを宣言。「最後はみんなで大笑いしましょう!」と曲振りをし、自身のセンター曲「ワロタピーポー」で締めくくった。

 鳴り止まない拍手に応えて再度ステージに登場した白間は「今日のライブを通して、本当に私は歌って踊ることが大好きだなと思いました。皆さんと目が合って、ニコッとしてもらえたときは本当に幸せすぎて泣きそうでした。これからもずっと続けていきたいですし、皆さんの笑顔や元気の源に私がなれるようにこれから人生を賭けて、努力し続けて、皆さんの笑顔を守っていきたいと思います」と誓った。

 白間の卒業コンサートは緊急事態宣言による延期を経て、8月15日に大阪城ホールで行われる。

■『白間美瑠ソロコンサート2021 ~Zeppでも!みるみる~』セットスリト
overture
01. 僕は愛されてはいない
02. Mystery Line
03. She’s gone
04. イケナイコト
05. シダレヤナギ
06. 床の間正座娘
07. なめくじハート
08. 天使のしっぽ
09. わるるん(わるきー)
10. 離れていても
11. 虫のバラード
12. 夢のdead body
13. 抱きしめたいけど
14. 山へ行こう
15. らしくない
16. ササササイコー!
17. まさかシンガポール
18. ナギイチ
19. ドリアン少年
【アンコール】
EN1. 結晶
EN2. ピンク色の世界
EN3. ワロタピーポー

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ