プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

石野卓球、“エレクトロミュージック”愛を熱弁「時代や価値観は変わるけど音は変わらない」

“エレクトロミュージック”愛を熱弁した石野卓球 (C)ORICON NewS inc.の画像

“エレクトロミュージック”愛を熱弁した石野卓球 (C)ORICON NewS inc.

 テクノユニット・電気グルーヴの石野卓球、『ele-king』の野田努編集長が9日、都内で行われた映画『ショック・ドゥ・フューチャー』(8月27日公開)のトークイベントに出席した。

【写真】野田努編集長とトークした石野卓球

 本作は、電子音楽の黎明期にその音色に魅了され、友人たちと“未来の音楽”を作ろうと奮闘する、若き女性ミュージシャンと、その友人たちをエモーショナルに描いた青春音楽映画。

 ひと足早く鑑賞した石野は「ミュージックビジネスの中で女性の地位が低かったり、めっちゃタバコを吸ったり(笑)。今だったら当たり前にインディーズでできるけど、メジャーレーベルの人に気に入られなかったら『どうやったらデビューすればいいの?』って。それが当たり前だった頃を描いてる。当時と今の価値観の違いみたいなモノを表現してる映画なんじゃないかな」と感想を語る。

 その後も「なんで俺がエレクトロミュージックが好きかと言うと、ビートがある曲が好きなんだよね。その中でもドラムビートをシンセサイザーで作っている曲が好きで、たまらなくゾクゾクする」と笑顔で話すと、「エレクトリックな音楽は、常に新鮮に聴こえる。それがこの映画で描きたかった部分なのかな。時代や価値観は変わるけど、音は変わらない。エレクトロミュージックって歳を取らないんですよ」と熱弁していた。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ