プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

その他

家電の「要らない機能ばかり」を解消 自分仕様にカスタマイズできるオーブンレンジ『ビストロ』

オーブンレンジ『ビストロ NE-UBS5A』の画像

オーブンレンジ『ビストロ NE-UBS5A』

 多様化する世帯の形態、共働き世帯の増加や、おうちごはんの機会も増えた昨今、食事づくりをサポートする調理家電への関心が高まっている。パナソニック株式会社は、スマートフォンのアプリと別売アタッチメントで、自分仕様に機能をアップデートすることが可能なIoT対応オーブンレンジ『ビストロ NE-UBS5A』を9月1日より発売すると発表した。

【写真】あとから機能を追加できる! 必要な時になったら買い足せる別売アタッチメント

 レンジに関する同社の調査(2019年12月実施)では、さまざまな機能を活用し楽に調理をしたい、レパートリーを増やしたい、という声が多い一方で、使ったことが無い機能があるという意見も多く集まったという。そういったニーズに合わせて、それぞれの家庭に必要な機能やメニューを追加できるオーブンレンジとなっている。

 必要になったタイミングで別売アタッチメント(グリル皿・スチームポット)を購入し、アプリ『キッチンポケット』と連携して、自分仕様に機能をアップデートすることが可能。従来のように最初から多様な機能が搭載されているのではなく、レンジとオーブンの基本機能からスタートし、食の志向やライフスタイルの変化に合わせて機能を選んでアップデートすることができる。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ