プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

『キネマの神様』菅田将暉&野田洋次郎の歌声にのせて 青春映画のような特別予告

映画『キネマの神様』8月6日公開 (C)2021「キネマの神様」製作委員会の画像

映画『キネマの神様』8月6日公開 (C)2021「キネマの神様」製作委員会

 山田洋次監督がメガホンをとった松竹映画100周年記念作品『キネマの神様』(8月6日公開)より、RADWIMPS feat.菅田将暉の主題歌「うたかた歌」を使用した特別予告~夢追い篇~が解禁された。

【動画】『キネマの神様』特別予告~夢追い篇~

 本作の舞台の一つ、1950年~60年代の映画撮影所で、映画監督になる夢を追いかけるゴウ役の菅田と、自分の名画座を持つことを夢見て映写技師として働くテラシン役の野田洋次郎。映画を愛し、映画の神様を信じてともに青春を駆け抜けたゴウとテラシンを演じた2人が歌い上げる「うたかた歌」の歌詞は、野田がすべての撮影が終わった時に、感謝の気持ちをこめてこの作品に贈ったもの。夢を追いかけ、愛に触れ、恋に破れて、挫折を知った青春の日々と、本作で描かれるゴウとテラシンたちが送った夢と愛に満ちた人生が、野田の紡ぎだす言葉によってこの歌に込められている。

 解禁された特別予告は、過去から現代へとつながる物語の中で、菅田と野田をはじめ、永野芽郁や北川景子らによって展開される主人公ゴウたちがひたむきに夢を追いかけた若き日の青春と、ゴウとテラシンの人生が詰まった「うたかた歌」が紡ぎだす言葉が胸に迫る映像となっている。

 若き日のゴウとテラシンが駆け抜ける青春の日々の断片が、1本の映画フィルムのようにつなぎ合わされ、菅田と野田の柔らかな歌声に乗せて流れていく。助監督として北川演じる園子にカメラを合わせるゴウ。暗い映写室で1人フィルムと向き合うテラシン。自分の愛するもの(映画)にただ夢中になり、夢を信じて夢にのめりこむ日々が映し出され、そこには永野演じる淑子のあふれんばかりの笑顔があった。

 “あの頃、夢ばかり追いかけていた大切な人たちの 想いに気づけないほどに”と言葉が浮かび上がると、笑顔にあふれた日々はもう戻ることのできない過去となる。映し出される挫折と愛することの痛みを知る大きな人生の分岐点に差し掛かったゴウ、テラシン、淑子たちの苦悩。“間違いだらけの人生だったかもしれない だけど――”。

 撮影中に浮かんだ言葉の断片から作り上げたという野田は「根っこでつながる人間関係をどれだけの人とどんな風に作れるかなと考えさせられた映画でした。(本作で描かれる人間関係は)大事にしていきたいと思う関係です」と本作で描かれる愛すべき登場人物たちが紡ぎだす物語への想いを明かしている。

 夢と愛にひたむきに向かっていく青春時代を生きるゴウとテラシンたちの姿は
50年後の現代へ時代を越えてつながっていく。”映画の神様”を信じたゴウとテラシンが駆け抜けた青春は、50年後の現代にどのようなドラマをもたらすのか? 家族となったゴウと淑子のもとに訪れる奇跡とは? いくつもの想いを抱えて、50年の時を生きた人々の夢と愛の物語に期待が高まる。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ