プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

重岡大毅、初の父親役で“新しい家族のカタチ”描く 『#家族募集します』第1話あらすじ

『#家族募集します』第1話より(C)TBSの画像

『#家族募集します』第1話より(C)TBS

 人気グループ・ジャニーズWESTの重岡大毅が主演を務める、TBS系連続ドラマ『#家族募集します』(毎週金曜 後10:00)の第1話が、きょう9日に放送される。

【場面カット】チャリで子供を送る重岡大毅、木村文乃もママ役を熱演

 本作は、それぞれに悩みや秘密を抱える新米シングルファーザー&マザーたちが、ひとつ屋根の下で子育てをしながら共に過ごし“家族”になっていく姿を描く、新時代のホームドラマ。重岡は、5歳になるひとり息子の子育てに苦戦するシングルファーザーの主人公・赤城俊平(あかぎ・しゅんぺい)を演じる。

■第1話のあらすじ

主人公の赤城俊平(重岡大毅)は、ある事情で3ヶ月前にシングルファーザーになったばかり。5歳の息子・陽(佐藤遙灯)を育てながら、児童図書を扱う小さな出版社「エッグプラント」に勤め、育児と仕事に追われる日々を過ごしていた。

そんな中、幼なじみの小山内蒼介(仲野太賀)と偶然再会。ワンオペ育児に悩む俊平の事情を知った蒼介は、SNSで家族を募集し、子育てをシェアして一緒に暮らそうと突飛な提案をする。

そんな募集に誰も乗るわけがないと呆れる俊平だったが、その夜、蒼介の携帯に1本の電話が…。かけてきたのは、5歳の娘・雫(宮崎莉里沙)を育てるシングルマザーの教師・桃田礼(木村文乃)だった。さらに、夢を追い続ける子持ちシンガーソングライター・横瀬めいく(岸井ゆきの)も6歳の息子・大地(三浦綺羅)と共に転がり込んできて…。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ