プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

咲妃みゆ“おしも”満載のミュージカルに戸惑いも「今はやる気満々です」

ミュージカル『衛生』リズム&バキュームの囲み取材に出席した咲妃みゆ (C)ORICON NewS inc.の画像

ミュージカル『衛生』リズム&バキュームの囲み取材に出席した咲妃みゆ (C)ORICON NewS inc.

 女優の咲妃みゆが8日、東京・TBS赤坂ACTシアターで行われたミュージカル『衛生』リズム&バキュームの囲み取材に出席した。

【動画】「避けて通ってきた」下ネタへの戸惑いの思いを明かした咲妃みゆ

 “善人不在”の同ミュージカル。昭和33年、水洗トイレが普及する前、し尿のくみ取り業者「諸星衛生」は、社長の良夫(古田新太)、息子の大(尾上右近)を中心に、利益を出すためなら殺人もいとわない経営方針でのし上がってきた。地元の政治家・長沼ハゼー(六角精児)をバックにつけ、庶民の資産を吸い尽くすべく、さらなる経営の拡大を画策する。

 「うんこ」がテーマのひとつでもあり、劇中は下ネタ連発。座長の古田は「下ネタが好きで、いわゆる性癖とかそういうやつはもうやったから、もうひとつの下ネタをやろうと。『うんこ』かどうかなと(笑)。下ネタが多いミュージカルもあるので、お客さんには、はつらつとした気持ちで帰っていただき、汚いミュージカルをやろうというのが発案でした」と企画がスタートした経緯を話した。

 咲妃は「いままでの舞台人生で経験したことがない出来ごとが日々巻き起こっていまして…」とし「これまで生きてきた中で、やや避けて通ってきた道の、もうど真ん中を突き進んでいるという感じで伝わりますでしょうか?(笑)。稽古ではあわあわしてしまいましたが、それは私が“おしも”な内容を表面的に捉えていただけで、もっと深く、人間性みたいなものを考えたときに、腑に落ちたといいますか。『やるぞ!』という気持ちがわいてきたので、今はやる気満々です」とあすからの本番を心待ちにしていた。

 同じく女性キャストのともさかりえは「古田さんや右近さんが“おしも”を連発すればするほどかっこよく見えて(笑)。エログロ満載で、敬遠される方もいらっしゃるかもしれないですが、不思議な感動があります」とアピールした。

 囲み取材には、NON STYLEの石田明、六角精児も登壇した。

 東京公演はあす9日から25日。大阪公演は30日から8月1日までオリックス劇場で、福岡公演は8月9日から11日まで久留米シティプラザにて上演される。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ