プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

映画『SEOBOK/ソボク』WEB CM公開 ナレーションは林原めぐみ

映画『SEOBOK/ソボク』(7月16日公開)(C)2020 CJ ENM CORPORATION, STUDIO101 ALL RIGHTS RESERVEDの画像

映画『SEOBOK/ソボク』(7月16日公開)(C)2020 CJ ENM CORPORATION, STUDIO101 ALL RIGHTS RESERVED

 韓国映画『SEOBOK/ソボク』(7月16日公開)のWEB CM映像が到着。ナレーションは、「新世紀エヴァンゲリオン」シリーズの綾波レイ、『名探偵コナン』の灰原哀などの声優として人気の林原めぐみが務めている。

【動画】林原めぐみがナレーションを担当するWEB CM

 映像は、クローン・ソボク(パク・ボゴム)に焦点を当てたものになっており、迫力の映像と合わせて林原の冷淡な声で言葉が紡がれる。「永遠の命」「クローン」「サイコキネシス」「戦争の火種」「人類の業」。矢継ぎに繰り出される映像のなか、ソボクが見せる涙の意味とは――。人智を超えた脅威の力を見せるソボクの姿に、SF大作としての期待が高まる予告となっている。

 『建築学概論』のイ・ヨンジュ監督が9年の時を経てメガホンをとった本作は、本国で2021年最大の話題作として注目を浴び、初登場1位を記録。

 余命宣告を受けた元情報局エージェント・ギホン(コン・ユ)。死を目前にし明日の生を渇望する彼に、国家の極秘プロジェクトで誕生した人類初のクローン・ソボク(パク・ボゴム)を護衛する任務が舞い込む。だが、任務早々に襲撃を受け、なんとか逃げ抜くもギホンとソボクは2人だけになってしまう。危機的な状況の中、2人は衝突を繰り返すも、徐々に心を通わせていく。しかし、人類の救いにも、災いにもなり得るソボクを手に入れようと、闇の組織の追跡はさらに激しくなっていく。

 ギホンを演じるコン・ユは、『新感染ファイナル・エクスプレス』『82年生まれまれ、キム・ジヨン』など出演作を必ずヒットに導く韓国映画界を代表するスター。元情報局エージェントとしてよどみないアクションを完璧にこなすと共に、ソボクと出会って変化するギホンの内面を繊細に描き出し、トップスターの底力を見せつけている。

 人類初のクローン・ソボク役のパク・ボゴムも生まれて初めて実験室から出て、真の世界と出会ったソボクの天真爛漫な表情から自分を狙う勢力に向ける鋭い目つきに至るまで、刻々と変わるソボクの感情を動物的な感覚で表現。これまでにない強烈な姿を披露している。

 “死ぬことのない”クローンと“死から逃れられない”男、対極の定めを生きる2人が、互いのために宿命に抗い、行き着くクライマックスは涙を流さずにいられない。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ