プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

ライターでお金を稼ぎたい人必見!? 90年代UK音楽業界が舞台の青春エンパワーメントムービー

映画『ビルド・ア・ガール』10月22日より全国公開決定(C)MONUMENTAL PICTURES, TANGO PRODUCTIONS, LLC,CHANNEL FOUR TELEVISION CORPORATION, 2019の画像

映画『ビルド・ア・ガール』10月22日より全国公開決定(C)MONUMENTAL PICTURES, TANGO PRODUCTIONS, LLC,CHANNEL FOUR TELEVISION CORPORATION, 2019

 映画『ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー』のビーニー・フェルドスタイン主演で、作家・コラムニストのキャトリン・モランの半自伝的小説を映画化した『How To Build A Girl(原題)』が、『ビルド・ア・ガール』の邦題で、10月22日より全国公開されることが明らかになった。

【動画】ビーニー・フェルドスタインのインタビュー映像

 本作は、冴えない高校生が、90年代UK音楽業界に単身乗り込み、辛口音楽ライター“ドリー・ワイルド”へと変貌を遂げる青春エンパワーメントムービー。

 1993年、イギリス郊外に家族7人で暮らすジョアンナは、底なしの想像力と文才に長けた16歳の高校生。だが学校では冴えない子扱い。そんな悶々とした日々を変えたい彼女は、大手音楽情報誌「D&ME」のライターに応募。単身で大都会ロンドンへ乗り込み、仕事を手に入れることに成功する。

 だが取材で出会ったロック・スターのジョンに夢中になってしまい、冷静な記事を書けずに大失敗。編集部のアドバイスにより“嫌われ者”の辛口批評家として再び音楽業界に返り咲くジョアンナ。過激な毒舌記事を書きまくる“ドリー・ワイルド”へと変身した彼女の人気は爆発するが、徐々に自分の心を見失っていき…。

 オアシス、ブラー、プライマル・スクリーム、ハッピー・マンデーズやマニック・ストリート・プリーチャーズといった人気バンドが、UKロックシーンに旋風を巻き起こした90年代前半のイギリスを舞台に、当時音楽批評家として活躍していた原作者のキャトラン・モランが脚本にも参加。主人公ジョアンナの奮闘を通して当時のロック・ジャーナリズム業界の裏事情もうかがい知ることができる。

 主人公ジョアンナを演じるのは、『ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー』や『レディ・バード』での名演技で強烈な印象を残した新星ビーニー・フェルドスタイン。劣等感もパワーに変えて、自らの力で未来を切り開くヒロインを魅力たっぷりに演じる。

 そんな彼女が初めて恋するロック・スターのジョン・カイトを演じるのは、人気ドラマシリーズ『ゲーム・オブ・スローンズ』のシオン・グレイジョイ役で注目を集めたアルフィー・アレン。ミステリアスな雰囲気と大人の包容力を備えた、ヒロインに寄り添う紳士を好演する。さらに主人公の人生を動かす重要な役どころでオスカー女優のエマ・トンプソンが登場。

 今回解禁されたポスターでは髪を真っ赤に染め辛口音楽ライター“ドリー・ワイルド”として大変身したジョアンナが、ジョン・カイトやタイプライターなど彼女の大好きなモノに囲まれイキイキとしている姿が印象的なものとなっている。

 「何かが起こるのを待っていても人生は変わらない!」と、勇気を出して初めての世界へ一歩踏み出したジョアンナは、数々の失敗を経験する。それでも“いま”の“ジブン”をフル活用し、がむしゃらに突き進むその姿からは、世代を超えて誰もが勇気をもらえそう。ライター志望の人はもちろん、新しいことを始めて、人生を変えたいと思っている人にもおすすめできそうな作品だ。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ