プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

映画『わんぱく戦争』軽快なマーチにのせて子どもたちの魅力全開、予告編解禁

映画『わんぱく戦争』デジタルリマスター版、8月6日より全国順次公開 (C)1962 ZAZI FILMSの画像

映画『わんぱく戦争』デジタルリマスター版、8月6日より全国順次公開 (C)1962 ZAZI FILMS

 デジタルリマスター化され、60年の時を経て再び劇場公開される映画『わんぱく戦争』(8月6日より全国順次公開)の予告編が解禁された。

【動画】映画『わんぱく戦争』予告編

 些細な言い合いから石を投げられ、“フニャチン“と悪口を言われる。実に子どもらしい喧嘩(けんか)から戦争ごっこへと移行していく様子から予告編は始まっていく。その後は子どもたちが自ら考え、ボタンやサスペンダーを奪い合いながら泣き笑いを繰り返す姿が活き活きと描かれる。

 全編を通して、軽快な「わんぱくマーチ」の音楽にのせて子どもたちが戦争ごっこに明け暮れる、ポップな映像に仕上がっている。劇中でも流れる「わんぱくマーチ」は当時のNHK『みんなのうた』にも選ばれ、作詞家・阪田寛夫氏(童謡「ねこふんじゃった」「サッちゃん」)による歌詞がつけられて当時の日本の子どもたちの間で口ずさまれていた。

 あわせて解禁された場面写真は、本作の愛くるしいキャラクター、アントワーヌ・ラルチーグ扮する”ちびジビュス”や、木の陰に隠れて戦いの時を待っている裸の子どもたち、作戦会議中の様子など、バラエティーに富んだ印象に残るシーンの数々を切り抜いたものとなっている。

 本作はフランスの国民的作家ルイ・ペルゴーの小説「ボタン戦争」(1912年)を、舞台俳優出身の監督イヴ・ロベールが、『禁じられた遊び』(1952年)のシナリオを書いたフランソワ・ボワイエと共同で脚色した作品。日本では1963年に初公開された。

 美しい自然に囲まれた南フランスの片田舎。隣り合った二つの村、ロンジュヴェルヌとヴェルランの子どもたちはいつも睨み合っていた。それぞれの大将はルブラックとラズテック。戦場は村の境界にある砂地の原っぱで、勝った方の戦利品は相手の服のボタンだ。戦いに負け、ボタンを奪われてしまったルブラック、家に帰ると親に大目玉を食らってしまった。今度は何とかして無傷で勝ちたい、そこである妙案を思いつくのだった…。

■公式ホームページ
https://wanpaku.united-ent.com

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ