プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

ぼる塾『脱力タイムズ』に異色の参戦 清水尋也がカオスな展開にぼう然「動物園に迷い込んだ気分」

9日放送のバラエティー『全力!脱力タイムズ』に出演する(左から)きりやはるか(ぼる塾)、清水尋也(C)フジテレビの画像

9日放送のバラエティー『全力!脱力タイムズ』に出演する(左から)きりやはるか(ぼる塾)、清水尋也(C)フジテレビ

 俳優の清水尋也、お笑いカルテットのぼる塾・きりやはるかが、9日放送のフジテレビ系バラエティー『全力!脱力タイムズ』(毎週金曜 後11:00)に出演。当初、きりや1人がキャスティングされていたのだが、きりやだけでは荷が重いのではないかと心配した事務所の配慮で、あんりと田辺智加も参加し、きりやの後ろに座った異色の状態でスタートする。

【番組カット】ぼる塾は異色の形で『脱力タイムズ』参戦

 オープニングでは、清水が臨機応変な立ち振る舞いを見せ、的確なコメントを連発。その冷静な受け答えにMCのアリタ哲平(有田哲平)らが感心する中、ぼる塾のツッコミ担当・あんりは、苦虫をかみつぶす。特集のテーマは「2021年下半期ヒット予測番付」。コロナ禍により生活様式が一変し、時代に合った新たなヒット商品が数々誕生している中、これから始まる2021年の下半期には、一体どのような商品や現象がはやるのか、専門家監修の下、解説していく。

 スタジオには、専門家の選んだ「2021年下半期ヒット予測番付ベスト3」が書かれたボードが登場。そのランキングに対し、まずはきりやがコメントしていくことになるが、よく見ると、ボードには何やら違和感が。それでもなかなか異変に気付かないきりやに、あんりはいら立ち始める。しかしそれは、ぼる塾の3人の身に降りかかる悲劇の序章に過ぎなかった。

 収録を終えた清水がコメントを寄せた。

――番組初登場の感想

大好きな番組なので、出演が決まったときは素直にうれしかったのですが、その分、めちゃめちゃ緊張しましたね。僕は普段バラエティーに出演する機会が多い方ではないので、“僕なんかが出ちゃって大丈夫なのかな?”という思いをずっと抱えたまま、きょうの収録を迎えました(笑)。

――実際、収録はいかがでしたか?

やはり難しかったです。本番で突然何が起きるかわからないので、自分の話すタイミングなど、いつどこで放り込めばいいんだろうという、間合いを測る難しさがあって。やっぱり一筋縄ではいかないんだなって、打ちのめされたところはありますね(笑)。でも、非常に楽しい時間を過ごさせていただきました。

――今回、ご自身で「ここはうまくできたな」というところは?

う~ん、思いつかないです…でも、あの長ゼリフをかまずに言えただけでも、十分頑張ったんじゃないかと、自分を褒めてあげたい気持ちでいっぱいです(笑)。

――逆に反省点は?

やっぱり、笑いをガマンしきれなかったことですかね(笑)。特にエンディングはもう、全然こらえられなくて…。まさにカオスでしたね(笑)。

――ぼる塾の3人の印象は?

お三方とも初対面だったんですけど、とても物腰の柔らかい方たちでした。僕が言うのもおこがましいんですが、あんなふうに“素”で笑わせることのできる芸人さんって、なかなかいないと思うんです。キャラを作ったり、ギャグをやったりして笑いを取る芸人さんが多い中で、ぼる塾さんの場合は…特にきりやさんと田辺さんは、素が面白いじゃないですか。だから、普通に会話しているだけで楽しくなってくるんですよね。またそこへ、あんりさんの鋭いツッコミが入って、さらに面白くなる、という(笑)。今回も本番中、スタジオの中で僕が一番近い距離で3人を見ていたので、笑いをこらえるのが大変でした(笑)。

――清水さんは、有田さんの大ファンだそうですね。

そうなんです! 有田さんって、ポーカーフェイスで面白いことをおっしゃるじゃないですか。しれっと真顔でムチャ振りしたりとか(笑)。ああいう有田さんの温度感というか、笑いの作り方が以前から大好きだったので、本番の間ずっと、特別な緊張感がありました。

――有田さんのすごさを感じた瞬間はありましたか。

台本とは違う予想外の展開が起きたとき、僕なんかは“えっ、どうなるんだろう…?”と焦ってしまったんですけど、有田さんは全く動じることなく、アドリブで巧みにかわされていて。そういう臨機応変さは、やっぱりさすがだなと思いました。

――今回の見どころ

僕は今回、笑いの起点になるような役割を担当させていただきました。あまりコメディーを演じた経験がない自分が、初めて笑わせる芝居に挑戦している姿を、ぜひ見ていただけたらうれしいです。あと、一番の見どころは何と言っても、エンディングのカオスっぷりですね。ちなみに僕は、動物園に迷い込んでしまったような気分で、ぼうぜんとしてしまいました(笑)。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ