プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

日本陸軍少尉の実話を映画化『ONODA』カンヌ国際映画祭で初上映

第74回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門でのオープニング作品として世界初上映された映画『ONODA(原題)』アルチュール・アラリ監督(右)と出演俳優の森岡龍(中央)の画像

第74回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門でのオープニング作品として世界初上映された映画『ONODA(原題)』アルチュール・アラリ監督(右)と出演俳優の森岡龍(中央)

 実在の人物である小野田寛郎(おのだ・ひろお)旧陸軍少尉が、太平洋戦争の終わりを迎えた後も任務解除の命令を受けられないまま、フィリピン・ルバング島にて約30年間の孤独な日々を過ごした実話を元に描かれた長編映画『ONODA(原題)』が、第74回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門でのオープニング作品として、現地時間7日にワールドプレミア上映された。現地からレポートと写真が到着した。

【写真】感極まって森岡と抱き合うアラリ監督

 ドビッシーという約1000人を収容する上映会場前では、アルチュール・アラリ監督はじめ製作スタッフが華やかなレッドカーペットの歓迎を受け、日本からはただ一人、出演俳優・森岡龍(33)がスケジュールの都合で現地入りできなかった主演の遠藤雄弥の顔を印刷したお面をつけて参加した。

 本作は、フランスで出版された小野田少尉の自伝「ONODA 30 ans seul en guerre(原題)」(著:Bernard Cendoron)を原案に映画化。 日本人キャストは全てオーディションにより選考、カンボジアのジャングルで2018年12月から翌年19年3月にかけて撮影された。本編は、ほぼ日本語のせりふで進み、当時を彷彿とさせる緊張感あふれる壮絶なシーンの合間に、浮世離れした”小野田さん”の全てをさらけ出したシーンでは会場から笑い声も漏れるなど、単なる小野田という男の史実ではない、人間の生きる意味を問いかける作品に昇華されていた。

 上映終了後、約15分にも及ぶスタンディング・オベーションが続き、アルチュール・アラリ監督は感無量な様子。作品としても賞レースの最有力候補作という呼び声高く、好評な上映スタートを切ることができたようだ。

 現地時間8日午後には、公式記者会見が実施予定。新型コロナウイルス感染対策のためスケジュールが合わずにカンヌ入りできなかったダブル主演の遠藤雄弥(34)と津田寛治(55)をリモートでつないで会見を実施する予定だ。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ