プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

今年80歳になったオペラ歌手プラシド・ドミンゴ、コロナ禍で敢行したコンサートを映画化

『劇場版プラシド・ドミンゴ~アレーナ・ディ・ヴェローナ音楽祭2020~』8月27日より全国順次公開 (C)UNITEL 2020 All rights reserved.の画像

『劇場版プラシド・ドミンゴ~アレーナ・ディ・ヴェローナ音楽祭2020~』8月27日より全国順次公開 (C)UNITEL 2020 All rights reserved.

 今年80歳になった、オペラ界のレジェンド、プラシド・ドミンゴ。昨年、コロナウイルスに感染したものの、完全復活を遂げた後に行われたコンサートの模様を映画化した、『劇場版プラシド・ドミンゴ~アレーナ・ディ・ヴェローナ音楽祭2020~』(原題:Placido Domingo at the Arena di Verona)が、8月27日よりBunkamuraル・シネマほか全国で順次公開されることが明らかになった。

【動画】劇場公開されるプラシド・ドミンゴのコンサート、予告編

 2020年8月28日、世界最大規模の屋外オペラ会場アレーナ・ディ・ヴェローナにて行われた幻のナイトコンサート。コロナ禍により1万人の予定だった観客を、わずか1000人に限定し、厳戒態勢の中で開催された。

 共演は、ヨーロッパ各地のオペラハウスから引く手数多の人気を誇り、ドミンゴが昨年1月に来日した際にも共演したソプラノ歌手、サイオア・エルナンデス。オペラの名作『椿姫』や『イル・トロヴァトーレ』の名曲をデュエットし、極上の歌声を会場に響かせた。

 今回公開されたポスターは、凛々しい表情で歌唱するドミンゴと、美しい円形闘技場がマッチし、プレミアムな印象を与えるものに。予告編は、前半はドミンゴ、後半はエルナンデスとの迫力のあるデュエットが楽しめる内容となっている。

【プラシド・ドミンゴのプロフィール】
 1941年、スペイン・マドリード出身。スペインのオペラ“サルスエラ”の劇団主宰の両親とメキシコへ移住し、メキシコシティ国立音楽院で学ぶ。59年にメキシコ国立歌劇場でデビュー。66年のニューヨーク・シティ・オペラの主演で評判を呼ぶと、その後はメトロポリタン、スカラ座、ロイヤル・オペラ・ハウスなど次々と国際的な舞台でデビューし、世界的な名声を確立。カレーラス、パバロッティと“三大テノール”として活躍。73年以降は指揮者、またワシントン歌劇場などでは芸術監督も務める。2018年にラテン・アルバム『ボルベール~帰郷』を発表。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ