プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

天海祐希、“キントリファイナル”!? 「どちらに転んでも後悔しないように、ガンガン攻める」

天海祐希、主演ドラマ『緊急取調室』(7月8日スタート)(C)テレビ朝日の画像

天海祐希、主演ドラマ『緊急取調室』(7月8日スタート)(C)テレビ朝日

 女優の天海祐希演じる叩き上げの取調官・真壁有希子が、可視化設備の整った特別取調室で取り調べを行う専門チーム「緊急事案対応取調班(通称・キントリ)」のメンバーとともに、数々の凶悪犯と一進一退の心理戦を繰り広げる、テレビ朝日系木曜ドラマ『緊急取調室』(8日スタート、毎週木曜 後9:00)。約2年ぶりの最新作となる第4シーズンでは、“部署の消滅まで残り100日”というタイムリミットを課せられたキントリ・チームが、これまで以上に揺るぎない正義感をたぎらせながら、一筋縄ではいかない被疑者たちの“裏の顔”を“マル裸”にしていく。

【写真】『緊急取調室』第1話より

 このドラマのハイライトとなる取り調べシーンの撮影前夜は「夜中に何度も目が覚める」という。

 「台本を読み返して、『大丈夫、(せりふを)覚えている』というのを確認して、まだ起床時間までもう一眠りできるな、と思って横になるのですが、また目が覚めてしまって…。自分で思っている以上に身体は正直にプレッシャーを感じている。でも、それでいいのかな、と毎回思うんです。取り調べでは、被疑者から証拠となり得る証言を引き出さなければならない。被疑者の人生に関わることですし、えん罪を作ってはいけないですし、被害者の無念も背負っているし、有希子だって寝られなくて当然だと思うんです」。

 そんな精神状態に陥りながら、過去3シーズン、スペシャルドラマを含めて、取り調べのシーンを演じてきた天海にとって、最もプレッシャーのかかる取り調べシーンとなったのが、今シーズンの初回ゲスト、桃井かおりとの対決だ。

 桃井が演じるのは、50年前に人民の連帯を訴えた“7分間の演説”が伝説となり、「黒い女神」と呼ばれた活動家・大國塔子。その後、潜伏していた塔子が、なぜか50年経った今になって再び動き出し、ハイジャックを敢行。有希子らキントリの取り調べを受けることになる。

 「桃井さんは大先輩ですし、ほかの人には持ち得ない雰囲気を持った素晴らしい女優さん。“当たって砕けろ”精神で『体全体でぶつかって行っちゃえ!』と思い、撮影に臨みました。実は、『本番一発勝負でやりたい』という私たちのワガママを、スタッフの皆さんにも聞いていただき、ちょっと神がかり的なシーンも作ることができたんですよ! 何年かに一度あるかないか、というくらい熱かったです。自画自賛するつもりはないのですが、桃井さんと、最後の取り調べのシーンを一緒に作れたことは今の私の誇りになっています。すごく楽しかったです」。

 撮影前夜も眠りが浅かったが、無事、本番を一発で撮り終えた後もしばらく興奮状態が続いたようで、「なかなか寝付けなくて、翌朝は起きられなくて(笑)。それくらいのことをしたんだな、と幸せな気持ちになりました」と語っていた。

 すでに情報が明かされているとおり、新シーズン初回の冒頭で「キントリが9月末で解散すること」が判明する。視聴者としては、それがブラフなのか、何なのか、気になるところ。脚本家・井上由美子氏の思うつぼなのかもしれないが…。

 「有希子のせりふの端々に、キントリは解散するんだ、役目は終わるんだ、だったら、最後の最後まで暴れてやりましょう、という感じが出ているんですよね。私もそれに乗っていきたいと思っています。初回に桃井さんのような素敵なゲストが来てくださって、“キントリファイナル”と言われてしまって、(取材時の時点で)後半の台本をいただいていないので、私も先のことはわからないのですが、どちらに転んだとしても後悔しないように、真壁有希子としても、天海としても、ガンガン攻めていきたいと思っています」。

 このドラマが産声を上げたのは2014年1月。「緊急事案対応取調班」は、正式に義務化される以前から取り調べの録音録画(可視化)を実施するために新設され、一癖も二癖もあるメンバーの寄せ集めからスタート。それから徐々に互いを認め合い、信頼を寄せ合い、泥臭い取り調べで“被疑者の動機解明”に貢献してきた。しかし、今や取り調べの完全可視化は当たり前に。取り調べ動画や監視カメラの映像など、逮捕に踏み切る際に最重要視される“明確な証拠”も入手しやすくなった。さらに、シーズン3から新シーズンまでの約2年の間に、世界は一変した。

 「びっくりするくらい世の中が変わって、常識も翻されて、気軽にできていたことができなくなる状況があって。積み重ねてきたものがこんなにも簡単に崩れるんだ、という思いと、その中でもできることを人間は探して変われるんだ、という発見と、それでも変えてはいけないこともやっぱりある、という気づきの日々を過ごしてきましたよね、この1年は。その変えてはいけないものの中で、特に有希子をはじめとするキントリのメンバーが、このドラマが大事にしていることが、人と人が向き合って、表面上の言葉や態度だけでなく、その裏に何があるのか、ということまで触れることができる“深い人間力”。この2年間に起きた世の中の変化を踏まえて、今、『緊急取調室』のシーズン4を放送させていただけるのはすごくありがたいことですし、意味のあるものだと思っています」。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ