プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

川島海荷、芸妓役に初挑戦 置屋の女将の国生さゆりと美の共演

テレビ朝日系木曜ミステリー枠『IP~サイバー捜査班』第2話より (C)テレビ朝日の画像

テレビ朝日系木曜ミステリー枠『IP~サイバー捜査班』第2話より (C)テレビ朝日

 俳優の佐々木蔵之介が主演するテレビ朝日系木曜ミステリー『IP~サイバー捜査班』(毎週木曜 後8:00)。8日放送の第2話では、京都の中でもひときわ風情を感じられる街・祇園で、古都のイメージとはかけ離れたサイバー犯罪が発生。ゲストの川島海荷が芸妓役に初挑戦し、置屋の女将を演じる国生さゆりとともに花街に生きる女性を熱演する。

【写真】美しい芸姑姿の川島海荷

 最先端捜査のクールさと人情味という熱さをあわせ持った、新感覚ミステリー『IP~サイバー捜査班』。佐々木演じる主人公・安洛のシャツ+羽織という刑事らしからぬいでたちや、超デジタル人間の安洛が茶をたてるシーンが話題となっている。また、刑事役初挑戦の福原遥が、安洛の娘かもしれない人情派の新人刑事・古宮山絆をフレッシュに熱演し、間宮祥太朗が、ウラで安洛のことを調べる元エリート刑事・多和田昭平をクールに演じている。

 第2話も、京情緒あふれる祇園の街並みをバックに、不正アクセス、遠隔操作、標的型メール攻撃など、誰の身に起きても不思議ではないサイバー犯罪の脅威をにじませたストーリーが展開される。人気芸妓・舞菊(川島海荷)のお座敷写真が流出するという事態が起き、安洛に命じられ捜査をはじめた絆と多和田は祇園で捜査を開始。舞菊のスマホに不正アクセスがなかったか調べようとするものの、置屋の女将・宮原涼花(国生さゆり)から拒否されてしまう。

 そんな中、安洛は画像を盗んで拡散した“ネットストーカー”を突き止めることに成功。ところが、その男は何者かに刺殺されていたことから、事件が急展開することに。捜査を進めた安洛たちは、花街に渦巻く女たちの愛憎、そして事件の背後に隠された切なくも悲しい真実にたどり着く。また、今回、安洛を自身の本当の父親ではと疑う絆の心境にも、ある変化が。そして安洛の弱みを探る多和田が新たに気づいたこととは。

 初の芸妓役に挑んだ川島は瑠璃色や水色の“お引きずり”とよばれる着物を身につけ、劇中、美しい舞を見せるシーンも。一方、置屋の女将を演じる国生は、シックで粋な和服姿を披露。川島演じる舞菊を、厳しくも温かい眼差しで見守る涼花を、凛とした演技で表現している。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ