プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

女子バレー・木村沙織&竹下佳江ら、ロンドン五輪銅チームが“一夜限り”再集結

女子バレーのレジェンド選手が再集結=『炎の体育会TV SP』 (C)TBSの画像

女子バレーのレジェンド選手が再集結=『炎の体育会TV SP』 (C)TBS

 10日放送のTBS系『炎の体育会TV SP』(後6:30)は「東京オリンピック開幕直前なのに日の丸戦士が緊急参戦!超本気プレー3時間半SP」と題し、ロンドン五輪(2012年)で銅メダルに輝いた、女子バレーボール日本代表のレジェンドたちが一夜限りで再集結する。

【写真】現役顔負け!?圧巻のアタックを披露

 参加したのは、竹下佳江、大友愛、木村沙織、迫田さおり、狩野舞子、江畑幸子の6人。当時エースとして活躍した木村は「私たちの頑張りが東京オリンピックでの後輩たちの活躍につながってほしいので、絶対に完全パーフェクトを目指します!」と気合十分に意気込み、全3競技に挑戦。

 体育会TVメンバーと共同で挑む「レシーブコントロール」は、強烈なサーブを正確にレシーブし、今田耕司、上田竜也らが頭上に設置したバケツでキャッチするという競技。フワちゃんが「これ超難しすぎる! スタッフ、シミュレーションちゃんとしたの!?」と困惑するなか、レジェンド選手たちは神業プレーを連発。「最高級の食事」のご褒美をゲットするため、チャレンジ成功を目指す。

 そのほか、東京オリンピック男子サッカー日本代表のキャプテン・吉田麻也選手、東京オリンピックBMX金メダル候補の中村輪夢選手が登場し、難関チャレンジに挑む。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ