プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

音楽

7ORDER “宝物”がメジャーデビューシングルに 安井謙太郎「幸せはシェアした方が長く続く」【インタビュー】

待望のメジャー1stシングル「雨が始まりの合図 / SUMMER様様」を7日に発売する7ORDERの森田美勇人、安井謙太郎、真田佑馬 (C)ORICON NewS inc. 撮影:KOBAの画像

待望のメジャー1stシングル「雨が始まりの合図 / SUMMER様様」を7日に発売する7ORDERの森田美勇人、安井謙太郎、真田佑馬 (C)ORICON NewS inc. 撮影:KOBA

 安井謙太郎、真田佑馬、諸星翔希、森田美勇人、萩谷慧悟、阿部顕嵐、長妻怜央による7人組アーティスト・7ORDERが、待望のメジャー1stシングル「雨が始まりの合図 / SUMMER様様」を“7”の並ぶ日である7月7日にリリースする。両A面シングルとなる本作は、メンバー制作による疾走感あるロックナンバー「雨が始まりの合図」、ORANGE RANGEの提供によるポップなサマーチューン「SUMMER様様」と、“雨”でも“晴れ”でも楽しめる夏曲が出来上がった。このほど、安井、真田、森田がORICON NEWSの動画インタビューに参加。新曲に込めた思いや、制作の裏側エピソードなどを語ってくれた。

【動画】7ORDER 最新”夏曲”本人たちが徹底解説!メジャー1stシングル「雨が始まりの合図」「SUMMER様様」の魅力を語る

■新曲は安井の誕生日サプライズで誕生 作曲・真田佑馬「あまり褒めないで」

――まずは、メジャーデビューシングル発売おめでとうございます!

一同「ありがとうございます」

――今回は両A面シングルということでまず「雨が始まりの合図」は元々、安井さんのお誕生日プレゼントして贈られた楽曲。どういった経緯でプレゼントすることを決めたんですか。

真田「元々、諸星(翔希)が安井の誕生日の1週間前に僕のところに来て、『誕生日プレゼントにしたいから曲を作ってくれ』って。それで、作詞はじゃあみんなでやろうと、他のメンバー6人でプレゼントしました」
安井「シンプルにめちゃくちゃ嬉しかったんですけど、なにより『いい曲だな』って。僕の誕生日プレゼントということを抜きにしても好きな曲だなって。でも後から聞いたら、さなぴー(真田)が僕の好きな曲のテイストで作ってくれたみたいで。誕生日に曲を作ってもらう経験ってなかなかできないと思うので幸せだなって。まさかそれがシングルになるなっんて、ただただ恐縮です」

――すきな歌詞やこだわったポイントについて教えてください。

真田「雨の音や反響音で始まるのは意図的にやってみました。歌詞は僕がサビを最初に作って、『君は、ここね』と割り振っていったのですが、すごく個性が強くておもしろかった。みんながやっさん(安井)のことをこうやって捉えているんだ、と。僕は個人的にやっさんは“雨男”だと思っているので“雨男”という軸を大切にしようと。なので『雨が始まりの合図』というのが最初に決まって、そこから逆算していった感じです」

安井「そう、“雨男”と言われるんですけど…(笑)。みんながプレゼントしてくれた曲ではあるのですが、雨というネガティブ要素をポジティブに変換することで、誰かの背中を押せる曲になっていると思う。元々は僕の誕生日プレゼントだった曲ですが、誰かにも届くようなテイストで書いてくれたので広くみんなに届く楽曲になっているな、と感じました。あとは『た“やすい”(容易い)』みたいな、自分とかけた言葉遊びもはいっているので、それは僕だけのものにしようかなと」

――それはどなたが考えたんですか?

安井「『たやすい』は真田が考えました(笑)そういうことするんですよねぇ~」
真田「あまり、褒められちゃうとカップルみたいになっちゃう。愛情深いみたいな…。あまり褒めないで、恥ずかしくなっちゃう(笑)」
安井「ごめんごめん、みんなに届く(曲)ね」

――そんなお二人のイチャイチャをみている森田さんは…。

森田「ほほえましいですよね、動機が(笑)。安井が喜ぶようにブツブツ言いながら考えていたので、それがまさか多くの人に聞いてもらえる曲チャンスになったのはすごい。僕らも作詞から楽器のレコーディングまで、に挑戦させてもらったり、すべてが手作りの作品になっているので、それをシングルで出させてもらえるのはありがたいです」

――森田さんのお気に入りの歌詞はありますか。

森田「やっぱり自分の歌詞ですかね。それぞれみんなが想う安井謙太郎のことを歌詞に入れてまする。Dメロになるのかな。自分が歌うとヤスに向けてだけになっちゃうので、そこは諸星が歌っています。自分が歌うよりモロが歌ってくれることで手放せたというか、曲としてモロが歌ってくれてるのもいいなと」

――安井さんの宝物をファンの方とシェアする形ですね。

安井「幸せはシェアした方が長く続くので(笑)。本当に、むしろ僕はみんな、聞いて!といった気持ちです」

――“雨男”のお話ありましたが、やはり、安井さんは“雨男”なのでしょうか…。

真田「最初は冗談で言ってたけど、最近は『やっぱりそうなんだな』って。MV撮影で、を撮ってこれで7人の撮影は終わりです、っていう時も雨が降ってきたので本当にすごいなって。武道館の入りの日もそうだったもんね」
森田「前日とか本番直前に降って、本番中に晴れて、最後は晴れての中をみんなが帰っていく。ほぼ神話ですね」

――そのなかで印象的だったエピソードはありますか。

安井「言われ始めたのは去年の夏頃の無観客ライブ『UNORDER』(7ORDER DIGITAL SHOW『UNORDER』)の日は土砂降りで、いよいよこれはちょっと…あるなみたいな。演っている最中くらいに晴れだして、帰る時にはキレイな星が出ていたのは印象的でした」
真田「俺は恵みの雨だと思ってます。雨乞いの文化があるくらいだから」
安井「ただ、僕だけじゃないと言いたい。(雨男は)何人かいると思います(笑)」

――疑惑のある人はどなたですか(笑)

安井「森田くんです(笑)」
真田「ここ2人(笑)」
安井「あと長妻(怜央)くん」
森田「(笑)。だから、あ・うんみたいな存在です。神に仕えし右近・左近みたいな…(笑)」

■“森田美勇人のローテンションは空腹の合図”「信じられないくらい、しゃべらなくなる」

――タイトルの「合図」にちなみ、7ORDERの暗黙の了解のようなことはありますか。

安井「美勇人はお腹が空くと信じられないくらい、しゃべらなくなる。出会った頃は機嫌が悪いのかなと思うくらい。美勇人はすごく笑ってくれるし、ゲラだし、結構会話とかにも入ってきてくれるんですけど…そういうときは全然入ってくれないから、どうしたのかな?気分屋さんなのかな?と思ったら全部共通して、お腹が空いているだけっていう(笑)」
森田「エネルギーなくなっちゃうんですよ。お腹が空くと。あと眠い。機嫌悪いなと思われる時はお腹が空いているとき(笑)」
安井「だからそっとしておくのが一番いいのかな、と思うんですけど長妻だけはそういうの無視してガンガン絡むんです」
森田「ライブとかでシャワー浴びてると、長妻が入ってくるんですよ。一番デカいのに…『おつかれ~!』みたいに。俺の様子とか見えているのかな?と(笑)。でも来てくれるのはその分距離感も埋まるし、ありがたいなと思いますけど」

――天真爛漫ですね(笑)。

安井「いいムードメーカーです。ながつだけにはそのルールが通用しないです」
森田「あと、ヤス(安井)は張り切ると、怪我をする。すっ転んだり、子供みたいな怪我するんです。MVでも雨の日に安井が外に出るというシーンがあったんです。そこで張り切ってベランダに出たら、サーッて斜め45度くらいに足を滑らせてしまっていたりなって戻ってきたり、どこでもやるんだなって」
真田「前にみんなでフェスに参加した遊びにいったときに、一回モッシュに参加してみたいねってなって。7ORDERのなかでもガタイがいいチームは無事に帰ってくるんです。『フェスって最高だね!』って。それを見てウキウキしたのか、一人で突っ込んでいって、みんながはけたら、膝を抱えて…(ヨロヨロと戻ってくるジャスチャー)。モッシュの猛者たちにもまれすぎたのかな」
安井「血だらけになって(笑)」
森田「殴られたのかな(笑)。スキニーパンツ履いてたんですけどちゃんとズボンの穴から血が出てた(笑)」

――テンションがあがると危ないという自覚はあるんですか?

安井「あります、いや~危ないですね。みんなで遊びに行ったり、仕事したり、外の撮影とかで開放的になると怪我するなって自分を抑えてるんですけど、たまにやっちゃう。この間もサウナで、長妻と入ってたら、出ようぜ! イエ―!ってはしゃいでたら素っ裸でコケて血だらけになりました(笑)」

――真田さんは…。

安井「家を絶対教えてくれない!(笑)ここ2人(真田と森田)教えてくれないんですよ」
真田「嫌なんですよ。尾行をちゃんと歩いて撒きます」
森田「メンバー内に記者がいるんです(笑)家を突き止めようとする。同じメンバーなのに俺のスクープを撮ろうとする…阿部顕嵐っていうんですけど。『きょう○○にいました?』とか連絡きたりとか(笑)。え!(どこにいるの?)みたいな」
真田「しかも顕嵐は、スタッフさんやみんなの前でうっかり住所を言うからバレるんですよ。阿部顕嵐にだけはバレちゃいけない」

――秘密にしてるから知りたくなるのでは?

真田「違います、違います!」
森田「一個開けたら全部開けたくなるんです(笑)」

■ORANGE RANGE提供曲に大興奮 オススメシチュエーションは「3:3で海に行く車」

――もうひとつの曲は「SUMMER様様」。ORANGE RANGEのNAOTOさんが作編曲プロデュース、HIROKIさんの作詞提供による楽曲です。初めてお話を聞いたときの感想はいかがでしたか。

真田「めちゃくちゃうれしかった。聞いてた世代ですし」

――好きな楽曲はありますか。

真田「僕は「ビバ★ロック」ですね」
安井「俺…「以心伝心」がすきです」
森田「「上海ハニー」ですかね。友達とカラオケにいくと「キリキリマイ」」
安井「わかる!「キリキリマイ」歌うよね」
森田「間違いなく盛り上がりますね」

――楽曲を初めて聞いたときはいかがでしたか。

真田「デモを歌ってるのがご本人だから、これ、(ORANGE RANGEの)新曲?となりました」
安井「打ち合わせもリモートでさせていただいたんですけど、その前にオンラインライブでの映像を見させていただいたので興奮がまだある状態でORANGE RANGEさんが画面に映るわけですよ。画面を大きくしてました(笑)」
森田「固定にしてね(笑)」

――みなさんのその際の反応は。

真田「それこそ、やってもらえるってなった時のテンションがヤバかったよね」
安井「なんか、お願いを出したんですけど、大丈夫ですよみたいになって、え…大丈夫?みたいな。楽曲を提供してもらうって、ひとつ夢みたいなものでもあったので」
森田「まさか、実現するとは思わなかったです」

――歌う時にこだわったことや意識したことはありましたか。

真田「それこそ始めとか、ORANGE RANGEさんはロー、ミッド、ハイという個性にあわせた三声を作るんです。俺らもボーカルチーム3人いるからやってみたんです」
安井「トライさせてもらったりとかしましたね。俺らも三声は初めての試みなのでライブとかでやっても楽しいのかな」

――この曲を聴くのに、おすすめのシチュエーションを教えてください。

安井「3:3で海に行く車。男3、女3の…」
真田「あわよくばCDを入れるタイプの車がいい(笑)カセットテープくらいでもいい」
安井「ああいいね!出かける行きの車はアガりそう」
森田「それか、男2(人)の江ノ電。よし、行こう!頑張ろう!って時に聞いてほしい」

――そんなみなさんがこの夏やりたいことはなんでしょうか。

安井「キャンプ!小さい頃に行ったことあるんですけど今流行ってるじゃないですか。サウナがすきなので、キャンプ行ってテントサウナ行って川とかちょっとやりたい」
森田「スイカ割りしたいです。それこそ、一回(このメンバーで)キャンプに行ったことあるんです、川で。スイカ割りしたんですけどみんなが『右、右』『左、左』『そこ、そ
こ』ってバーンって叩いたら、大学生グループの何十人の真ん中にいて…目隠しをとって『すいませんでした…』って(笑)」
安井・真田「懐かしいな~(笑)」
森田「そのなかから一人近寄ってきて出てきて『美勇人くんですか?』って。『そうです…』みたいな。まさか知って頂いている方がそこにいるとは。ありがたいですね、楽しかったのでやりたいです」
真田「みんなで海に行きたい。サーフィンしたいです」
安井「一回、俺と美勇人で行ったことあるよ!」
真田「どこで?」
安井・森田「ハワイ!」
真田「小洒落てるな!日本で乗れ!」

――最後にファンの方にメッセージをお願いします。

森田「どちらも夏にピッタリの曲だと思うんですけど、2曲とも全然違ったテイストで「雨が始まりの合図」は爽やかな青春、「SUMMER様様」ははっちゃけたノリのいい曲。中高生には「雨が始まりの合図」をオススメしながら、大学生からは「SUMMER様様」をオススメします」
真田「どちらも夏に聞いてもらいたい曲。アッパーチューンなので、お出かけの際は聞いていただいて天候も楽しんでいただいて。今年は7ORDER武者修行ツアーでお邪魔させていただく土地もありますので、ぜひ、機会があれば来ていただければ幸いです」
安井「夏曲を7ORDERらしい解釈とORANGE RANGEさんという色を取り込んだ2曲です。晴れでも楽しめる、夏にしていきたいと思いますのでよろしくお願いします!」

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ