プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

放送開始55周年で映画化『サンダーバード55/GOGO』2022年公開決定

『サンダーバード55/GOGO』2022年、劇場公開&デジタル配信決定の画像

『サンダーバード55/GOGO』2022年、劇場公開&デジタル配信決定

 きょう7月7日は七夕、そして日本記念日協会によって「特撮の日」と認定されている日に、放送開始から55年が経つテレビシリーズ「サンダーバード」の映画化が発表された。当時の撮影手法そのままに、完全新作エピソードで復活した『サンダーバード55/GOGO』が2022年に劇場公開&デジタル配信されることが発表された。日本でのオリジナルの新作公開としては1968年公開『サンダーバード6号』以来、実に54年ぶりとなる。

【画像】特撮人形劇の最高傑作「サンダーバード」のキャラクター

 1965年にイギリスで、翌66年には日本でも放送が開始され、英国テレビ界の名匠ジェリー・アンダーソンの代表作にして、スーパーマリオネーションと呼ばれる独自の撮影手法を駆使した特撮人形劇の最高傑作として名高いテレビシリーズ「サンダーバード」。

 本シリーズは、7月7日が誕生日で「特撮の日」制定の由来ともなった、「ウルトラマン」の生みの親で日本の特撮の礎を築いた”特撮の神様”円谷英二に影響を与えた作品として知られている。

 さらに今日では『シン・ゴジラ』『シン・ウルトラマン』で監督を務める樋口真嗣監督、そして『シン・ゴジラ』では脚本・総監督を『シン・仮面ライダー』では脚本・監督を務める庵野秀明氏がファンであることを公言するほか、日本特撮の歴史に名を刻む錚々たる面々にいまなお愛され続けている、まさに“特撮界のレジェンド”。

 人形の独特な動きや、ユニークな近未来的メカデザイン、人形劇とは思えないダイナミック特撮描写はテレビ界の常識を塗り替えたとも言われ、劇場用長編版も2本製作されているほか、2004年には実写版リメイク、15年には新たにCGアニメーションが制作されるなど、現代まで世界中のファンに愛され続けている。なかでも日本での人気は絶大で、「ウルトラセブン」をはじめとした黎明期から今日の『シン・ゴジラ』などに至るまで、数々の日本特撮、ロボット・SFアニメ作品にも多大なる影響を与えた、特撮界の伝説的作品として知られている。

 そして、日本放送開始55周年を祝して発足された「サンダーバード55周年プロジェクト」。その目玉企画として公開される本作は、本国イギリスの熱狂的なサンダーバードファンのクラウドファンディングによって制作された3話のエピソードを日本公開用に独自に再編集した特別版。

 これらのエピソードは当時ラジオドラマとして書かれた脚本をもとに、はじめて映像化されたもの。オリジナルへのオマージュとしてスーパーマリオネーションの伝統的な技術を駆使して撮影され、完全新作として甦えらせた。

 「サンダーバード55周年プロジェクト」では本作の公開のほか、シネマコンサートや希少なグッズの発売、BS10スターチャンネル(https://www.star-ch.jp/)では9月より長期特別企画を開始するなど、日本放送開始55周年を「サンダーバード」イヤーとして盛大に祝うべくさまざまな企画を展開する予定だ。

Thunderbirds (TM) and (C) ITC Entertainment Group Limited 1964, 1999 and 2021. Licensed by ITV Studios Limited. All rights reserved.

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ