プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

その他

「どろぼう発見!」セコムと子ども向けアプリが協賛、“ごっこ遊び”でお仕事なりきり体験

『しゅつどう!まちのパトロール』(『ごっこランド』より)の画像

『しゅつどう!まちのパトロール』(『ごっこランド』より)

 JR東日本や日本航空、日本マクドナルド、三菱自動車、サントリーなど、数々の企業のサービスを通じて“社会体験”できる子ども向けアプリ『ごっこランド』。7月7日よりセコム協賛として、警備員になりきって街の安全を守る新機能『しゅつどう!まちのパトロール』が追加された。

【写真】「超貴重!」野球界のあのレジェンドが出演、21年前のセコムCMカット

 セコムの警備員になりきって、乗り物で街をパトロールしながら、泥棒や火災などを発見し、解決していく無料のゲーム。プレイごとにもらえる『のりものシール』を集めると、乗り物の種類が増える内容だ。暮らしの安全・安心のために活躍する警備の仕事について楽しく学びながら、子どもたちの防犯・防災意識や危機意識の向上を促すという。

『ごっこランド』を運営するキッズスターによると、同アプリの対象年齢は2~9歳。400万ダウンロードを突破した人気アプリで、AppStoreとGoogle Playの子ども向け無料アプリランキングで1位を獲得するなど話題に。キッズデザイン協議会が主催する『第13回キッズデザイン賞』や、パパスマイル主催の『BabyTech Award Japan 2019』などの受賞歴がある。現在、約400万世帯のユーザーが利用しているという(2021年7月時点)。

 現在40社以上の企業や団体が協賛しており、たとえば日本マクドナルドが提供する『ゲーム版 マックアドベンチャー』では、「ハンバーガー作り」と「クルー体験」で遊ぶことができる。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ