プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

音楽

米津玄師「死神」MV、12日と6時間で1000万再生突破

米津玄師の「死神」MVが1,000万再生突破の画像

米津玄師の「死神」MVが1,000万再生突破

 シンガー・ソングライター米津玄師のニューシングル「Pale Blue」収録曲「死神」のミュージックビデオ(MV)再生回数が、公開より12日と6時間で、1000万再生を突破した。

【動画】米津玄師、古典落語「死神」モチーフMVで噺家&“全役”挑戦

 MV公開直後にはツイッターで「米津玄師」「米津さん」「Kenshi Yonezu」「Shinigami」がトレンド入り。YouTubeでは、常に“人気急上昇中の音楽”にランクインしていた。

 MV監督は、米津とは初タッグとなる、アートディレクター・永戸鉄也氏。新曲「死神」は、古典落語の演目である「死神」をモチーフに制作されており、MVの舞台は落語の寄席。噺家をはじめ、死神、観客、全ての役を米津本人が演じており、噺家の演技指導は、柳亭左龍氏が手掛けた。

 また先日、米津玄師のツイッター、インスタグラム、TikTokで公開された「死神」MVサイドムービーでは、米津本人が演じている“5人の観客”にフィーチャー。「消えた死神たち」と題されており、本編で噺家が手を叩くと、のべつ幕なしに席を立つ、観客たち。古典落語の「死神」における、足元にいる死神を表現し、それぞれのキャラクターを描き出した映像となっている。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ