プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

長編アニメーション映画『岬のマヨイガ』大竹しのぶ、粟野咲莉が声の出演

長編アニメーション映画『岬のマヨイガ』(8月27日公開)本ビジュアル (C)柏葉幸子・講談社/2021「岬のマヨイガ」製作委員会の画像

長編アニメーション映画『岬のマヨイガ』(8月27日公開)本ビジュアル (C)柏葉幸子・講談社/2021「岬のマヨイガ」製作委員会

 『千と千尋の神隠し』に影響を与えた小説「霧のむこうのふしぎな町」など、長年にわたり愛され続けるベストセラーを世に送り出した作家・柏葉幸子による小説が原作の長編アニメーション映画『岬のマヨイガ』(8月27日公開)の追加声優・主題歌・本ビジュアル・予告映像が7日、一挙解禁された。

【動画】長編アニメーション映画『岬のマヨイガ』予告編

 先に主人公ユイの声優を芦田愛菜が務めることが発表されていたが、ユイを助けるふしぎなおばあちゃん・キワさん役に大竹しのぶ、声を失った少女役は粟野咲莉(あわの・さり)の出演が明らかになった。

 大竹は「初めて台本を読んだとき、おとぎ話を読んだような温かい気持ちになりました。キワさんが語る昔話が面白く、これをどんな風に読んだらいいんだろうととても楽しみでした」と語っている。

 ひより役の粟野は、3歳から子役として活動し、連続テレビ小説『なつぞら』(2019年、NHK)で奥原なつ役(ヒロインの子ども時代)を演じ大きな反響を呼んだ。本作で声優に初挑戦した粟野は「ひよりは悲しい出来事をきっかけに声が出なくなってしまった女の子です。この映画は、私たち一人ひとりにやさしく寄り添ってくれる映画だと思います。かわいい“ふしぎっと”たち、食材をふんだんに使ったお料理のアニメーションが私のお気に入りなので、ぜひ注目してみてください」と見どころを語っている。

 主題歌は、羊文学が本作のために書き下ろした楽曲「マヨイガ」。メンバーからは「主題歌『マヨイガ』に込めたのは、ユイとひよりの幸せを願う気持ちです。おばあちゃんやマヨイガに出会う前の辛い日々を頑張って生きた抜いた二人に、これからの日々の美しさ、優しさにたくさん触れて、素敵な大人になってほしい。そう思って作曲しました」と、コメントが届いている。

 本ビジュアルは、居場所を失った17歳のユイと8歳のひよりが、突然出会ったおばあちゃん・キワさんとのあたたかく優しい日常の始まり、そして物語の舞台である岩手の緑豊かで美しい自然、マヨイガに集う河童や狛犬たちなどの“ふしぎっと”が描かれている。

 そして本予告映像では、ユイとひよりが迷い込んだ人をもてなしてくれるふしぎな家“マヨイガ”で不安を感じながらもキワさんとの日々を過ごし、物語の舞台である岩手の緑豊かで美しい自然に囲まれる日々の中で新しい居場所を見つけていく一方で、穏やかな雰囲気から一変、突如ユイたちの暮らす狐崎が、この町に昔から伝わる、人の哀しみや後悔から生まれる“アガメ”と呼ばれる怪異によって脅かされるという本作の重要な要素が詰め込まれている。

 「私に今できること…ここがわたしの家だから…!!」と涙ながらに訴えるユイ。マヨイガに集う“ふしぎっと”と呼ばれる妖怪・河童たちとともに、それぞれの過去を乗り越え、ようやく見つけた居場所をユイたちは守ることができるのか――。羊文学の主題歌「マヨイガ」が、ノスタルジックでファンタジーな世界観をより印象づける。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ