プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

『刑事7人』シーズン7、きょう7日スタート デス山殺助の殺人ゲームに挑む

東山紀之主演『刑事7人』シーズン7がスタート (C)テレビ朝日の画像

東山紀之主演『刑事7人』シーズン7がスタート (C)テレビ朝日

 俳優の東山紀之演じる天樹悠を中心に、個性あふれる刑事たちが、時代とともに複雑化する超凶悪犯罪や難解な未解決事件に挑むテレビ朝日系ドラマシリーズ『刑事7人』(毎週水曜 後9:00)。きょう7日からシーズン7が初回拡大スペシャルで放送開始となる。

【写真】それぞれ新しい場所で活躍する7人

 東山が「心動かされる作品をお届けしたい」と力強く語る今作は、衝撃的な展開から幕を明ける。シーズン6まで物語の舞台となっていたのは、天樹らが所属する「専従捜査班」および「刑事資料係」だった、シーズン7では状況が一変。時代と共に警視庁もデジタル化が進み、捜査に関する資料もすべてデータ化され、刑事資料係の仕事がこのシステムにとって代わられてしまう。

 それに伴い、今作では、「専従捜査班」と「刑事資料係」は解散。天樹たちは別々の部署に配属になり、海老沢芳樹(田辺誠一)は地域課所属の交番勤務、水田環(倉科カナ)は組織犯罪対策部、野々村拓海(白洲迅)は念願だった刑事の花形・捜査一課七係、青山新(塚本高史)は少年課、片桐正敏(吉田鋼太郎)は交通機動隊の白バイ隊員となってそれぞれ別の道に歩み始め、さらに、専従捜査班の依頼で司法解剖を行っていた堂本俊太郎(北大路欣也)までも担当を外れて後進を育てることに力を注ぎ始める。バラバラになってしまった7人。ところが、ある事件をきっかけに再び集結。新たな形に進化して帰ってくることになる。

 「専従捜査班」と「刑事資料係」の解散後、新しい部署でそれぞれが職務に邁進する中、ただ一人、その行方がつかめていないのが天樹。初回拡大スペシャルで天樹は、ホームレスたちが暮らす公園の段ボールハウスで炊き出しを食べたり、あるマンションで針金を取り出してドアのカギ穴をいじったり、キャバクラを訪れたり…。謎の行動を見せる。天樹はどこで、何をしているのか。意外な形で明かされることになる。

 初回スペシャルでは、そんな状況が大きく変わった7人の前に、シリーズ史上最も奇妙で難解な事件が立ちはだかる。捜査一課七係に所属となった拓海は、ある2つの連続殺人事件の捜査をすることに。被害者はそれぞれが犯した犯罪の現場と思われる写真と共に、「お前の罪を知っている」という紙を持ち…。しかし、実はこの事件は氷山の一角に過ぎず、この2人の被害者を含めた一般人7人にデス山殺助(ころすけ)というキャラから殺し合いゲームのインビテーションが送られていて、ある者は指示通りに殺人を企て、ある者は逃走を図り…。混乱と狂気が渦巻いていく展開になっていた。

 バラバラになっていた天樹ら7人のスペシャリストたちは、この事件をきっかけに再び集結。新しい形で7人が動き出し、この殺人ゲームに挑んでいくことになる。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ