プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

その他

山縣亮太選手、東京五輪日本代表選手団で主将の大役 コロナ禍で悩むも「迷いはありませんでした」

『第32回オリンピック競技大会』日本代表選手団の主将を務める山縣亮太選手(C)JOCの画像

『第32回オリンピック競技大会』日本代表選手団の主将を務める山縣亮太選手(C)JOC

 日本オリンピック委員会(JOC)は6日、オンラインで『第32回オリンピック競技大会』(2020/東京)日本代表選手団の結団式・壮行会を開催した。

【写真】副主将を務める石川佳純選手ら日本代表選手が登場

 一部関係者をのぞき、オンラインでの開催に。その後、会見が行われ、日本選手団の主将の陸上・山縣亮太選手、副主将の卓球・石川佳純選手、旗手のレスリング・須崎優衣選手、福井烈団長、尾県貢総監督が参加した。

 山縣選手は「この場に立てることへの感謝の気持ちを忘れずに。オリンピックの本番では100メートル走に出場します。ファイナルへの進出と、リレーでの金メダルを目指して、主将としてチームを引っ張っていけるような活躍ができるように頑張っていきたいです」と意気込んだ。

 また、主将のオファーを回顧すると山縣選手は「まず、自分でいいのかという思いはありました。でも、そういうお話をいただけたのは、ありがたいこと。しっかり自分の一生懸命プレーする姿とか、そういったものを全面に出すことが、意味のあることなんだと思いましたので、お受けさせていただきました」と振り返る。コロナ禍での五輪で主将という立場に「非常に悩むところもあった」と正直に告白。それでも「開催されるにあたり、たくさんの方々がサポートしてくださった。そういったサポートを信じて、選手としてはしっかりプレーに集中する、力を出し切ることに意味があると思った。そういった意味で主将という重役をお受けすることに迷いはありませんでした」としていた。

 東京五輪は23日に開幕する予定。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ