プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

その他

東京五輪日本代表選手団がオンライン結団式 JOC山下会長が感慨 結団式は「非常に大切な時間」

『第32回オリンピック競技大会』日本代表選手団の結団式の模様(C)JOCの画像

『第32回オリンピック競技大会』日本代表選手団の結団式の模様(C)JOC

 日本オリンピック委員会(JOC)は6日、オンラインで『第32回オリンピック競技大会』(2020/東京)日本代表選手団の結団式・壮行会を開催した。

【写真】主将を務める山縣亮太選手ら日本代表選手が登場

 一部関係者をのぞき、オンラインでの開催に。主催者代表としてあいさつを行った山下泰裕JOC会長は「今まで過去にならい実施してきた結団式でございますが、コロナ禍におきまして結団式を挙行する意味を、選手団を結団する責務を担う関係者と共に再認識したことは非常に大切な時間であり、無事、本日を迎えることは感に堪えません」と思いを口にした。

 日本選手団の主将は陸上の山縣亮太選手、副主将は卓球の石川佳純選手、旗手はレスリングの須崎優衣選手が務める。3人は山下会長、福井烈団長、尾県貢総監督と共に会場に出席した。

 東京五輪は23日に開幕する予定。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ