プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

“アベンジャーズ”声優陣が集結 最新作『ブラック・ウィドウ』への期待語る

『アベンジャーズ/エンドゲーム』特別上映会に出席した(左から)小杉竜一、榎木淳弥、宮内敦士、三上哲 (C)ORICON NewS inc.の画像

『アベンジャーズ/エンドゲーム』特別上映会に出席した(左から)小杉竜一、榎木淳弥、宮内敦士、三上哲 (C)ORICON NewS inc.

 マーベル・スタジオ映画最新作『ブラック・ウィドウ』の公開を記念して、公開の『アベンジャーズ/エンドゲーム』の特別上映会が6日、都内で行われ、日本語吹き替え版キャストの宮内敦士(ハルク役)、榎木淳弥(スパイダーマン役)、三上哲(ドクター・ストレンジ役)が出席した。

【個別ショット】榎木淳弥、宮内敦士、三上哲ら声優陣が登場!

 最新作となる『ブラック・ウィドウ』は、美しき最強スパイであり、万能な戦闘スキルとタフな精神を身につけた世界最高のエージェント、ブラック・ウィドウ=ナターシャ・ロマノフ(演:スカーレット・ヨハンソン)の物語。過酷な訓練によって育てられた超一流の暗殺者でもある彼女が、なぜアベンジャーズの一員となったのか? 謎に包まれていたブラック・ウィドウの“過去”とアベンジャーズとは別の“偽りの家族”の存在、そして彼女が背負い続けてきた暗殺者としての自分と決別するために挑む壮絶な戦いが描かれる。

 8日より映画館で、9日よりディズニープラス プレミア アクセスにて公開される。榎木は「この2年で世の中がいろいろ変わりましたけど、やっと最新作が見れることを楽しみにしています」と声を弾ませると、三上は「ここから新たなスタートが始まる。ストレンジも出るのかな? と少し期待しています」とほほ笑んだ。

 宮内は「ハルクの気持ちを癒やしてくれた、ナターシャの過去の秘密が明らかになる機会だと思う。僕はそれを知ってから『アベンジャーズ』を見返したいと思います」と“ハルク目線”で期待を寄せていた。

 イベントMCは、ブラックマヨネーズ・小杉竜一、青木源太アナが務めた。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ