プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

大ヒットホラー映画の続編『ハロウィン KILLS』10月公開 ブギーマン再び

映画『ハロウィン KILLS』10月公開(C)UNIVERSAL STUDIOSの画像

映画『ハロウィン KILLS』10月公開(C)UNIVERSAL STUDIOS

 全米でNo.1ヒットとなった映画『ハロウィン』の続編『HALLOWEEN KILLS』が『ハロウィン KILLS』の邦題で、ハロウィンシーズンである10月に公開される(配給:パルコ ユニバーサル映画)。燃え盛る炎でマスクも焼け焦げ、“進化した恐怖の権化”となったブギーマンの殺意みなぎる場面写真が1点だけ解禁された。

【動画】公式Twitterに投稿された動画

 1978年、ホラー映画の鬼才ジョン・カーペンター監督が生み出した『ハロウィン』は後世に語り継がれるホラーアイコン “ブギーマン”と恐怖を煽る象徴的な音楽で全米を震撼させ、32万5000ドルの製作費で4700万ドルの興行収入を記録。世界的に脚光を浴び、以降のホラー映画に多大な影響を与えた。そして2018年、40年ぶりにオリジナルの続編として『ハロウィン』が公開。全米2週連続No.1、世界興行収入250億円超えを記録する大ヒットとなった。

 そして2021年、ハロウィンの悪夢は終わっていなかった――。ローリー・ストロードたちは死闘の末、燃え盛る家とともにブギーマンを葬ったと思っていた。しかし、ブギーマンは業火の中から生還し、再びハドンフィールドの街を“進化した恐怖”で陥れる。

 主役のローリー・ストロードを1978年に同役を務めたジェイミー・リー・カーティスが続投。ローリーの娘カレン役をジュディ・グリア、孫のアリソン役をアンディ・マティチャックが務める。

 『ハロウィン』生みの親である鬼才ジョン・カーペンターが製作総指揮、音楽を務め、『透明人間』を製作したジェイソン・ブラム率いる“恐怖の工場”ブラムハウス・プロダクションズとともに<現代の恐怖>をブギーマンに投影する。監督も前作『ハロウィン』に引き続きデヴィッド・ゴードン・グリーンが務める。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ