プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

Sexy Zone中島健人、小芝風花をイジるも仕返しされる「水を得た魚のよう」

小芝風花をイジるも仕返しされていた中島健人(C)カンテレの画像

小芝風花をイジるも仕返しされていた中島健人(C)カンテレ

 人気グループ・Sexy Zoneの中島健人と女優の小芝風花が5日、オンラインで行われた6日スタートのカンテレ・フジテレビ系連続ドラマ『彼女はキレイだった』(毎週火曜 後9:00)リモート取材会に登壇した。すでに撮影は進行しており、イジり、イジり返しの応酬を繰り返す2人。「本当にキュートではつらつとしていて、国民に愛される方」と中島が尊敬すると、小芝は「怖い怖い…出てますよ、悪いところ」と苦笑。中島は「会話のなかでイジるとどんな反応するかと思ったらいっぱい、イジり返してくる」と素顔を明かした。

【写真】グレースーツの“副編集長”姿で登壇した中島健人

 韓国の大ヒットドラマを原作に、さえない太っちょ少年からイケメンエリートとなった“最恐毒舌”エリートに成長した長谷部宗介(中島)と、優等生の美少女から残念女子に成長した佐藤愛(小芝)の真逆の成長を遂げた2人の“すれ違う初恋”の行方を描くラブストーリー。

 冒頭から中島が「最強毒舌エリートということでみなさんに恋のスパイスを与えられるような宗介を演じられるようにしたい。朝から恋のスパイスを多めにふりかけていきます」とノリノリに話せば、小芝は「そうですね、恋のスパイス多めで胃もたれしないように…」とさらっと受け流し。中島は、小芝について「僕を見るたびに毎回、爆笑してる」と呆れると、「言動がツボすぎる。恋のスパイスとか出てこないでしょ」と応戦。「ラブストーリーですよ、出してこうよ!」と前のめりで笑わせた。

 小芝は「今回の役は厳しい上司なので、メイクさん越しに普段も毒舌の怖い感じでくるかもっておっしゃってたらしくて。だから最初に『小芝です、よろしくお願いします…!』って言ったら、『…よろしくな』って」とグータッチでキメ顔する中島を再現。「これ、本当に毎回やられて困ってるんです! 水を得た魚のようにイジってくる」とタジタジに。「拳出されるなんて思ってなかったから、一生付いていきます」と拳を出し返すフリでイジり倒した。

 それぞれの呼び名の話題で、中島は「最初は、すばらしい女優さんなので『風花ちゃん』とか『ふうちゃん』と呼べなくて。結構そういうところ奥手なので…。だから、小芝さんって最初呼んでいて、それがむずがゆかったみたい。『小芝でいいです!』って。『小芝』って呼ばせていただいていたんですけど作品も中盤戦なので、もしかしたら下の名前の“風花”になってくるかも…今かなり照れてます。役とともに本人との関係値が進行していくので距離が近く、そろそろね。下の名前でね、“風花”ってね…」とニヤリ目配せ。

 一方で小芝も「最初『中島さん』としか呼べなかった。後半はラブストーリーが進んでいくので『あだ名』作っていいですか?って“けんけん”って呼んでます」とお願いしたそう。「僕も恥ずかしかったので『いいよ…』って」と返すと「許可をいただいて、今はけんけんです」とにっこり。そんな2人を“えいちゃん”と呼ぶ赤楚衛二に、小芝が「あまり名前呼んでくれないよね」と寂しがると中島は「これ呼んだら喜ぶあだ名教えてあげます」と赤楚に耳打ち。「大芝さん」のお決まりのボケに、「小芝だよ!」とすぐさま切り返し、仲良しぶりをのぞかせていた。

 リモート取材会には、「ザ・モスト」編集部のメンバーで愛に思いを寄せることになる樋口拓也役の赤楚衛二も登壇した。

 なお、出席の予定となった佐久間由衣は体調変化により大事をとって欠席となった。万全を期し出席の3人のPCR検査を実施したところ陰性が確認された。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ